週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ドイツには我々の知られないエナドリがあった!:

ドクターペッパーのエナドリあるの知ってた?

2019年10月31日 16時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

スイカの味がするものの、ちょっと薄いかも?
「MONSTER ENERGY HYDRO MANIC MELON」

炭酸ではないのが新鮮かも

 「MONSTER ENERGY HYDRO」は、モンスターエナジーの無炭酸バージョンで、2017年にアメリカで発売されました。スポーツドリンク的な位置づけと思われます。アメリカでは缶で発売されましたが、ヨーロッパではペットボトルが主流なのかも。MANIC MELONはスイカ味。香りはあまり強くないですね。

スイカの味わいは高評価。末岡さんは「ちょうどいいんじゃない?」、小嶋は「薄い気がする」

末岡「ちゃんとスイカの味がする。キツいレッドブルを飲んだあとだから、それだけでも高評価になっちゃうかも。飲み口もスッキリしているし、日本で売っていたらちょくちょく買っちゃうと思う」

小嶋「甘さも控えめなので、後味はスイカというより“瓜”という感じでしょうか。香りもキツくないので、飲みやすい部類だと思います。味が濃くないから飲みやすい……とはいえ、もっと濃くてもよかったのでは?」

「MONSTER ENERGY HYDRO MANIC MELON」の評価は……
ケミカル度:★☆☆☆☆
おいしい度:★★★☆☆
総合的評価:★★★☆☆

クセがないのがうれしい
「MONSTER ENERGY HYDRO MEAN GREEN」

グリーンのエナドリはめずらしいかも。無炭酸

 こちらもモンスターエナジーの無炭酸バージョン「MONSTER ENERGY HYDRO」から。具体的な果実名は名前にありませんが、強いていえば青リンゴに近いフレーバーでしょうか。香りはやや強いものの、気になるほどでもなく、甘さもしつこくありません。

飲みやすいというだけで肯定的になる2人

末岡「これはね、俺は好き。炭酸がないからモンスターエナジーっぽくないけど。青リンゴの味がするジュースと思えばぜんぜんアリ。ただ、やっぱり薄いかな……。もうすこし、しっかりと味がついていればよかった。惜しいね」

小嶋「エナドリ好きには刺さらない味かもしれません。強い個性があるわけではないし、エナジー感はない。でも、その飲みやすさが高く評価されるべきかな、と思います」

「MONSTER ENERGY HYDRO MEAN GREEN」の評価は……
ケミカル度:★☆☆☆☆
おいしい度:★★★★☆
総合的評価:★★★★☆

クセがないのがうれしい
「MONSTER ENERGY ULTRA VIOLET」

「VIOLET」の名に違わぬ紫色

 モンスターエナジーのゼロカロリー&ゼロシュガー版「ULTRA」シリーズから2017年に登場したもの。缶も液色もばっちり紫色で、香りはグレープ系という、見た目通りのシロモノ。余談ながら、缶のデザインはエンボス加工もあいまってかなりカッコよく、「エナドリのすぐれたデザイン賞」があればグランプリものでしょう。

モンスターエナジーのゼロカロリー版、という味。グレープの酸味と、人工甘味料の甘さに慣れるかどうか

末岡「うーん、エナドリのグレープ味って感じだ! ゼロカロリーの味だからちょっとわざとらしい甘さになってはいるけど、グレープの香りがしっかりあるから、飲みやすくはあるかな」

小嶋「モンスターエナジーのゼロカロリー、という人工甘味料の甘さが気になる。ただ、ある意味では予想ができる味というか、無難ではあります。ちょっと酸味が強いかな」

「MONSTER ENERGY ULTRA VIOLET」の評価は……
ケミカル度:★★★☆☆
おいしい度:★★★☆☆
総合的評価:★★★☆☆

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう