週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ドイツには我々の知られないエナドリがあった!:

ドクターペッパーのエナドリあるの知ってた?

2019年10月31日 16時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

ココナッツが好きか嫌いか……
「RED BULL THE WHITE EDITION」

液色は青。「WHITE」じゃないのね

 アメリカのレッドブルが毎年5月頃に発売する「SUMMER EDITION」の2018年版として発売されていたものが、「THE WHITE EDITION」と名前を変えてリニューアルしたようです。「Kokos-Blaubeere」と缶に表記されているように、強めの「Kokos」(ココナッツ)と「Blaubeere」(ビルベリー)の香りが実にかぐわしい。

よくも悪くもココナッツの香りが強め

末岡「うーん、ココナッツの香りがわざとらしいね……。ベリーの味というのも甘ずっぱいからわかるけれど、いずれにしてもいかにも香料で味をつけました、という感じ。ジュース感覚では飲みにくいな」

小嶋「味も匂いも人工的すぎて、ちょっとキツいですね。エナドリが好きな人でも、『ウッ』となるわざとらしさがある。スッキリさわやかとはいわないベタッとした甘さで、ややきびしいかも。よく冷やして飲んでほしいですね」

「RED BULL THE WHITE EDITION」の評価は……
ケミカル度:★★★☆☆
おいしい度:★☆☆☆☆
総合的評価:★★☆☆☆

芳香剤? 洗剤? 香りが強烈すぎる
「RED BULL THE SUMMER EDITION」

青い缶なのに液色は白。「WHITE EDITION」と真逆でまぎらわしい。「Beach Breeze」って何味なんだ

 こちらは「SUMMER EDITION」の2019年版。ココナッツ系の香りは2018年版(要するに「WHITE EDITION」)と同じですが、人工的な香りはますます強くなっています。芳香剤や洗剤を思わせる匂いと、ココナッツと柑橘系を強引に混ぜ合わせたかのようなフレーバーで度肝を抜かれます。フルーティーといえばそうかもしれませんが……とにかく、強烈な香りを耐えられるかどうかがすべて。

「うっわ……」「ちょっと……」

末岡「これはヤバいね! エナドリっていうより、洗剤、もしくは日焼け止めクリームを飲んでいるみたいだよ。味も柑橘系なのかなんなのか説明しにくい甘さで、エナドリが好きな俺でもノックアウトされそう。ちょっとオススメできない!」

小嶋「いや……ひどい。アスキーグルメ担当としてはバツをつけたくなってしまう。いままで飲んできたエナドリの中でも悪い意味でダントツ。柔軟剤や洗剤みたいな匂いで、テイストが完全に死んでいます。グルメ担当としては使っちゃいけない表現ですが、評価不能です」

「RED BULL THE SUMMER EDITION」の評価は……
ケミカル度:★★★★☆
おいしい度:☆☆☆☆☆
総合的評価:★☆☆☆☆

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう