週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

1000円あれば、あなたはどう攻める!?

スシローの「とことん100円祭」でとろ・うに・いくらがコスパ最強! 限定なので急いで

2019年09月24日 17時00分更新

文● ナベコ 撮影●岡田清孝

 ごきげんよう、アスキー編集部のモグモグ担当ナベコです。食欲の秋、おいしいものをお腹いっぱい食べた~い。今、注目はスシローで開催中のフェア「とことん100円祭」です。

 回転寿司チェーン「スシロー」は、リッチな寿司ネタ「とろ」「うに」や、通常より1.5倍も増量した「いくら」を100円(税抜)で販売する「とことん100円祭」を、9月20日から期間限定で実施しています。「おいしいネタをお手頃価格でお腹いっぱいに食べてほしい」という想いが込められているとか。うれしい心意気ですよ。

スシローに突撃! 回転寿司のレーンのように輪のようなマークのロゴが目印です。

 食べなきゃ損と、さっそくいってきました!

スシローで「とろ、うに、いくら」が100円
……これはっ、スゴイ

 フェアのお寿司はこちらです。まずは「とろ」!

 クロアチアの海で育った本まぐろ。日本人がイメージする赤と白のグラデーションのような中とろとは違い、身が全体に白っぽく、脂のりが抜群だそう。フェアならではの特別ネタ。

 お次は「うに」!

 チリ産の新物のうにを使用。チリのうには、スシローが世界各地の漁から選りすぐったネタを提供する「世界の海からいいネタPROJECT」シリーズで、圧倒的な人気を誇る商品だとか。

 最後は「いくら」~!!

 いくらは軍艦ネタの中で人気ナンバーワン。フェア期間中は値段そのままで、いくらがいつもの1.5倍の量に。こぼれんばかりにいくらがのっています。

 お皿にのった幸せ。高級ネタがお手頃価格だとお祭り気分になれちゃいます。

すべて一皿100円(税抜)! うれし~!

とろは口の中でとろける逸品

 スーハーと深呼吸してから、いただいていきましょう!

脂のりと、厚みにうっとり。

 「とろ」は、見た目にも脂のりが素晴らしく、テリテリと輝いていました。さらに、厚みがあって、シャリが小さく見えてしまうほど。

 口に入れると、じゅわっと脂が溶けて広がり、甘みのあるまぐろのおいしさでいっぱいに。

あっ、あっ。うんまい。

 とろ~ん。舌がと、ろ、け、る~~!!

 脂のりがとても良く、しかも、上品でしつこくありません。いわゆる、「中とろ」と「大とろ」の中間くらいの身質だと感じました。柔らかく、しっとりした舌触りが官能的。

 正直に言って、もだえるくらいおいしかったです! 100円(税抜)とは思えないほど!

 クロアチア産の本まぐろは“まぐろマイスター”と異名があるスシローの仕入部部長がイチオシの一品だそう。日本だとあまり知られていないかもしれませんが、クロアチアはまぐろの一大産地。なんでも、クロアチアが面している地中海の北部のアドリア海は、世界屈指の漁場と言われているとか。地形に恵まれており、魚にとっての栄養が素晴らしく豊富だそう。へ~!

 スシローは、数あるネタの中でも特にまぐろには力を入れています。仕入れから加工まで一切手を抜かず、赤字覚悟で提供しているとうたいます。そんなスシローの仕入部部長が推すというのも納得の、見事な“とろ”でした。

うには濃厚! いくらもおいしいーー!!

濃厚な色味。

 「うに」は赤みがかった濃い色味です。海苔のじゅうたん、シャリの台の上で座す様子は神々しいほどでした。

 食べた瞬間、磯の風味のインパクト!

海苔で包んで。醤油をつけると後味がしまります。そのままでもおいしい!

 とろりとした柔らかい身質のうには、海の旨みを凝縮しており、香り高く、濃厚。磯の風味が強く、頭の中では、見たことがないチリの海が広がるようでしたよ。口どけはまろやかで、ほんのり甘い余韻。ブラボー!

 チリは漁獲量ナンバーワンの“うに大国”。今シーズンとれたばかりの新物を仕入れる、というのもスシローのこだわりなのでしょう。

※お持ち帰りの際は、軍艦1貫になります。

通常より1.5倍のいくら。

 「いくら」は、いつもの軍艦以上にたっぷりとのっているため、こぼさずに口に運ぶのが大変。あーん!

 いくらの皮は柔らかくも弾力があり、プチプチした弾ける食感。コクのあるとろっとした旨みが溢れて、口の中が幸福感でいっぱいになりました! ふだんよりいくらが多いことで、濃厚さが増した贅沢な味わいです。

こぼれそうで、口まで運ぶのに一苦労。

 値段そのままで1.5倍もいくらを増量するなんて、太っ腹ですよね!

 いずれも一皿100円(税抜)。単純に安いというだけではなく、安くて、なおかつ「おいしい」! 特にクロアチア産の本まぐろは「100円でこんなに質が良いのを出したらいろいろと大変なんじゃ」とちょっと心配になってしまうくらい絶品でした。スシローさん、フェア商品の質にもこだわっていますよ!

あーん。ただただ、幸せ!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう