週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

とことん100円祭り:

スシローでとろ・うに・いくらが100円! コスパも味も最高だからいますぐ食え!!

2019年09月26日 09時45分更新

 スシローが9月20日(金)から9月29日(日)までの期間、「とろ!うに!いくら! とことん100円祭」を開催しています。今回のお祭りは実施期間が10日とかなり短めです。

 祭りの名前からわかると思いますが、「とろ」「うに」「いくら」が1貫100円で食べられます。

 これがめちゃコスパ良いというか、とくに「とろ」が最高だったので読者の皆さんに食べて欲しいです。

「とろ!うに!いくら! とことん100円祭」のネタは?

 「とろ!うに!いくら! とことん100円祭」のネタはこの3種類だけです。

  • とろ(100円)
  • うに(100円)
  • いくら(100円)

 怒らないでください! これしかないんです!

とろ(100円)

 とろです。井上のトロではありません。本マグロのトロです。

 見ればわかりますが、きめ細かいです。身がとてもきれい。

 口に入れるととろけます。これで100円はヤバい。いますぐ食べに行きましょう。

 3貫食べましたが個体差もありません。すべてとろけるとろです。これが100円、本当に素晴らしい。

うに(100円)

 うにです。

 うにです。

 うにです。

 はい、3貫食べてしまいました。磯のかおりたっぷりで美味しい。

 ただこれは筆者がうに好きなせいかもしれません。クオリティはいつものうにつつみ。でも食べる。

いくら(100円)

 いくらがこぼれるほどのってます。スシローではまず見かけない顔。

 噛むといくらのうまみがじゅわっと広がります。

 ワガママを言うならきゅうりのところまでいくらにして欲しかった。

今月の太鼓判はジャンボほたてが旨い!

 続いて今月の太鼓判ネタです。さすがに3種類だけ食べて「美味しかったです」では担当編集に怒られてしまいます。

どか盛りうにいくらしらすちらし(300円)

 とことん100円祭りに便乗して作りました。そんな雰囲気のメニューです。

 味はいくらがメイン。うには香りがする程度。しらすはいるのかいないのかわかりません。いくらが強いです。

 たぶんこの300円でいくら3貫食べた方が満足できると思います。

特大ジャンボほたて貝柱(300円)

 ほたて貝柱(150円)もありますが、あえての特大ジャンボほたて貝柱(300円)です。

 特大ジャンボだけあって口のなかがほたてになります。これが最高。

 ほたての甘味が口いっぱいに広がりますし、何より噛んでも噛んでもなくならない。エンドレスほたて、アリです。

3種の天然鮪ねぎとろ(150円)

 ここだけ「てんこ盛り祭」が帰ってきました。

 そうです、口をどこまで開けるか限界にチャレンジです。食べると口がねぎとろで埋まりますよー。

 そしてひたすらもぐもぐが続きます。美味しいんですが、何がどう3種なのかわかりません。説明が欲しい、説明が!

近海丸あじ(150円)

 これ1皿しか頼んでないので個体差かもしれませんが、奥側のネタがでかいです。本当にデカい。

 生臭さもなく、さっぱりした味のアジ(ギャグではありません)。ちょっと味が薄いように感じましたが、ねぎとろが残っているせいかもしれません。ねぎとろの影響から逃れられない。

大赤貝(150円)

 大赤貝という名前ですが、そんなに大きくはありません。赤貝ノーマル。「大」はお世辞ですね。

 ザクザクとした歯ごたえで、しっかり赤貝を主張してきます。うまい。

炭焼きかつおたたき(100円)

 けっこう定番メニューになってる気がしますが、炭焼きのかつおたたきが太鼓判で登場です。

 普通に美味しい。

天然本鱒の昆布〆(100円)

 旨味が深いです。こ、これが昆布〆の効果なのか!?

 ただ、それよりも川魚特有の臭いが抑えられてる気がします。これが一番の効果なのかも。

炙りさんまのデュクセルソース(100円)

 皆さん、デュクセルソースって知ってますか? ボクは知りません。でも頼みました。

 醤油をかけずにそのまま食べたんですが、炙りさんまの味がして美味しかったです。……デュクセルソースとは?

 香ばしい一品ではあります。でも、デュク? 何?

※デュクセルソースとは? みじん切りにした玉ねぎやセロリをバターで炒めて作るフランスのソースのこと。

かながしら天ぷらにぎり(100円)

 トリをつとめるのはかながしらの天ぷらにぎりです。

 見た目がよくわからないと思ったので逆からも撮ったんですが、なんかシャリが天ぷらに襲われてる絵になりました。

 塩で食べました。かながしらは白身の美味しいお魚です。アツアツ、ホクホクなので早めに食べるべし。

 ほかにも太鼓判ネタはありましたが、今回はとろとうにをいっぱい食べたのでもう入りません。

 読者の皆さんもとろ・うに・いくらのうち、好きなネタをいっぱい食べましょう!

 ※記事内の価格表記は「税抜」です。

 ※写真はすべてiPhone 11 Proで撮影しました。



筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう