週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

秋葉原で「たい焼き」食べるならこの3店

パリパリ食感がたまらない
羽根付たい焼き「神田達磨

 東京メトロ末広町駅のすぐ近くにある「神田達磨」。交差点の角にあるので、とても目立つ店舗。ここのたい焼きの特徴は、たい焼きの周りに「バリ(羽根)」がついているところ。商品名の「羽根付たい焼き」は登録商標で、見た目のかわいさからお土産に使っても喜ばれます(筆者は何度も経験済みです)。

登録商標の「羽根付たい焼き」の「粒あん」は180円(税込)。ちなみに、同店のたい焼きは「1枚、2枚」と呼ばれます

 すばらしいのは見た目だけでなく、もちろん味もバツグンです。もっちりした身の部分と、パリパリ羽根のコントラストがおもしろい。また、羽根は掴めるので、食べ歩きをする際にも便利です。

 たい焼きの種類は「粒あん」と「カスタードクリーム」の2種類ですが、それ以外の商品もオススメ。人気商品「かりんとう饅頭」や「揚げたい焼き」のほかに「みたらし団子」や「苺大福」「草餅」など、季節の和菓子も購入できます。

こちらも観光客が多く通る場所なので、外国人観光客が物珍しそうに大勢並んでいました

たいやき神田達磨 秋葉原店
・住所:東京都千代田区外神田6-14-2(Googleマップリンク)
・営業時間:12時~19時

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう