週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

秋葉原で「たい焼き」食べるならこの3店

この連載は日々変化し続ける秋葉原の街の、ちょっとおもしろくて、ほんの少しだけ役に立ちそうな情報を紹介するコーナーです。

秋葉原で「たい焼き」食べるならこの3店

 突然ですが問題です。今回は秋葉原で買える「たい焼き」を3種類用意しました。それぞれ「くりこ庵」と「神田達磨」「鳴門鯛焼本舗」のたい焼きです。どのたい焼きが、どのお店の商品かわかりますか?

 さっそくですが、解答は以下の通りです。

A:鳴門鯛焼本舗
B:神田達磨
C:くりこ庵

 アキバマニアの方には少々簡単すぎる問題だったかもしれません。今回は「たいやきやいた」の回文でおなじみの、日本のソウルスイーツ「たい焼き」をご紹介します。今回掲載した3店舗は、どれも有名なたい焼き屋さん。毎日毎日、鉄板の上で焼かれたたい焼きが、大勢のアキバファンや外国人観光客に食されています。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう