週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

秋葉原で「たい焼き」食べるならこの3店

ユニークなたい焼きがずらりと並ぶ
くりこ庵

 JR秋葉原駅から中央通りに出て、左に進むとすぐそこにあるたい焼き屋「くりこ庵」。アキバエリアで特に人の多いエリアのため、いつも賑わっているお店です。最近では外国人観光客が多いようで、取材時にも団体客が一匹ずつ購入していました。

くりこ庵の定番たい焼き「小倉あん」は140円(税込)

 「くりこ庵」の特徴は、メニューが豊富なところ。オーソドックスな小倉あんのほか、チーズやチョコも人気のようです。また、ベーコンエッグなどの具材を入れたお惣菜たい焼きもあるので、小腹が空いたときに最適。たい焼きの生地がふわふわした食感で、あんこにもお惣菜にもベストマッチです。

節限定の商品が、約二週間おきに入れ替わるのでリピーターが多いようです。20匹購入すると1匹無料になるスタンプカードがもらえるのもうれしいポイント

外国人のお客さんが多いため、メニューは日本語に加えて英語も表記。ちなみに、「あんこ」は英語で「red bean paste」「red bean jam」とのこと。小豆のジャム……なるほど!

アミューズメント施設「セガ秋葉原2号館」の隣にあるのでわかりやすい

くりこ庵 秋葉原店
・住所:東京都千代田区外神田1-15-1(Googleマップリンク)
・営業時間:10時~21時

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう