週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

正月といったら「かまぼこ」

100円のかまぼこと1000円のかまぼこの違いは? 食べ比べた

2017年12月27日 12時30分更新

 もういくつ寝るとお正月。いよいよ歳の瀬が迫ってまいりましたよ。仕事は納めるより諦めるものだと思っています。ナベコです。

 お正月の食事の準備はいかがでしょうか? お正月というと、私は何はなくても食べたいのが「かまぼこ」。珍しくはない食材なので、ふだんは取り立てて食べたい、ということもないのですが、正月になると、かまぼこのプリプリした食感や、かわいらしい見た目(フチが紅のかまぼこがいいですね)が恋しくなり、なくてはならない存在だと感じます。

 さて、そんなかまぼこですが、100円前後のお手ごろなものから、1000円を超える高級品まで、価格帯はさまざまです。100円のかまぼこと1000円のかまぼこに差はあるのでしょうか?

 気になったので、食べ比べてみました!

■100円、200円、1000円のかまぼこを集めてみた

 約100円のかまぼこ、約200円のかまぼこ、約1000円の3種を買ってきました。約100円のものはスーパー(ライフ)のプライベートブランド。約200円のものは、同じスーパーで並んでいた紀文のかまぼこの中でちばん安いもの。約1000円のものは、こだわりのかまぼこで有名な鈴廣のもの。こちらは、百貨店で購入しきました。

 いずれも、板わさにすると日本酒に合いそうです。そうです私、板についたお酒好きなので、かまぼこ酒乱なのですよ。ところで、「かまぼこ〇〇」って言い方知っていますか? まあ、特に意味がない話題なのでここまでにしますけれど。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう