週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップを比べてみた

コンビニ100円コーヒーガチ比較! コスパがいいのは?

2017年11月24日 20時30分更新

ひんやり冷える日もコンビニのカウンターコーヒーを買えばほっくり。

 ごきげんよう。アスキーのグルメ担当ナベコです。最近は外に出るとひんやりと寒さが染みるようになってきました。そんな時にコンビニに立ち寄ると欲しくなるのがホットコーヒー。

 各コンビニ、基本的に100円でコーヒーが買えますが、Sサイズ、ミディアムサイズなどサイズの規格がまちまちですし、いちばんボリュームがあるのはいったいどれでしょうか? 実測してみました。

セブン、ファミマ、ローソン、ミニストップを比較。

 ちなみに記者はコーヒーも好きだけど、お酒も大好き! せっかくなのでコーヒーの容量をお酒に置換してみました。なにか見えてくるものがあるかも……?

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。お酒の〆のコーヒーも好き!


■セブン-イレブン

ナベコひと言メモ「香ばしい。飲みやすい」

ホットコーヒー レギュラーサイズ(100円)
実測(カップ除く):161ml

――例えば、同じ容量で発泡酒だと……

「クリアアサヒ吟醸(350ml)」(コンビニ購入額143円)
161ml=65円相当


■ファミリーマート

ナベコひと言メモ「なめらか系。飲みやすい」

ブレンド Sサイズ(100円)
実測(カップ除く):155ml

――例えば、同じ容量でトリスハイボールだと……

「トリスハイボール(350ml)」(コンビニ購入額172円)
155ml=76円相当


■ローソン

ナベコひと言メモ「コク深い系。苦みあり。カップのウサギがカワイイ」

コーヒー Sサイズ(100円)
実測(カップ除く):160ml

――例えば、同じ容量でウメカクだと……

「ウメカクピンクグレープフルーツ(500ml)」(コンビニ購入額543円)
160ml=173円相当


■ミニストップ

ナベコひと言メモ「香ばしくて、コク深い系。カップがクリスマス風でカワイイ」

アメリカンコーヒー Sサイズ(100円)
実測(カップ除く):163ml

――例えば、同じ容量でボックスワインだと……

「トップバリュボックスワイン赤(1800ml)」(コンビニ購入額798円)
163ml=72円相当


■微差だがミニストップの容量が多かった

 カップを除く中身の部分だけ計測しました。数値を見ると、ミニストップの163mlがいちばんボリュームがありました。少なかったのはファミリーマートの155ml。ですが155ml~163mlなので誤差の範囲とも言えます。だいたいどこも160mlのボリュームなのですね。

ヒパヒパ!! 記者が全部おいしくいただきました。

 コーヒーの味で言うと、セブン、ファミマがあっさり飲みやすい系、ローソン、ミニストップがコクがある系でした。

 香ばしくてかつスッと飲めるという意味ではセブン。ミニストップ、ローソンと苦みや酸味といった味の要素が増していきます。ファミマはなめらかな口当たりで薄い味に感じるので、変化球。

 お酒は適当に選んでみたのですが、ミニストップで買った「トップバリュボックスワイン赤(1800ml)」は1800mlで798円。コーヒー一杯あたりの容量だと70円程度と安くてちょっと感激しました。もちろんおいしくいただきました。コーヒーもお酒も大好き! のんべろべろりん!!

■著者ナベコFacebookやっています



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう