週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

100円で鍋つゆから土鍋まで売っている。スゴイ!

安くておいしい100円鍋! ローソンストアを侮るな

2017年11月22日 11時00分更新

■100円鍋つゆの秘密は?

永谷園など大手が製造している。

 公式サイトの「ローソン研究所」によると、「販売数を先に決めて一気にパッケージの印刷をすることで、コストダウンを実現」しているということ。つまり、値段の安さはローソンさんの営業努力なのですね、ありがたや。

 ちなみに鍋つゆなどにある「VL」というロゴは、ローソンの「バリューライン」のこと。ローソングループが信頼できるメーカーと開発したオリジナル商品だそうです。

■びっくり! 土鍋まで売っている

 ちょっとびっくりしたことに、鍋つゆを売っている棚の近くになんと「土鍋」まで売っていました。ひとり用のかわいいらしいサイズの土鍋です。

一人前用の土鍋も売っている。かわいいサイズ!

 家にある片手鍋もいいけれど、やはり土鍋だと雰囲気出ますよね。スーパーなどではあまりひとり用の鍋を見かけないので、ローソンストア100の品揃えに感激。しかも100円(+税)という低価格なので、つい買っちゃいました。

■餃子鍋を試してみた 材料費は500円以内←安くてバンザイ

こんな感じで買ってきました!

 さて、公式サイトも参照にしつつ、もつ鍋つゆを使用した「餃子鍋」を独自で作ってみました。具材に「もつ」は入れず、餃子がメインです。

「VLチルド餃子12個入」。

 なんと、ローソンのチルド餃子は12個入りで100円(+税)という安さ。製造会社はキムラMK。国内製造と書いています。

 チルド餃子はカリッカリに焼いて仕上げるのが一般的ですが、裏ワザ的に鍋に入れるのもアリですよ。

「VLコク旨もつ鍋つゆ」を使用しました。もつ鍋のつゆはニンニクなどが入っており自分で味付けするのは難しいから買いです。

「VL鍋物用野菜」は水洗い不要。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう