週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

SIMフリー/LTE、そしてWi-Fiの強化も実感

VAIO Pro PF / PGは買えば無料でLTEが体験できる、速度も計測した

2017年11月09日 09時00分更新

場所が変わっても、意識せず中断した仕事を継続できる

 ノートPCにLTEモジュールが搭載されていることで、それまでのネット接続とは別世界に感じることだろう。オフィスではWi-Fiでネットに接続。オフィスから離れて持ち歩いたとき、作業しようとノートPCを開いたとき、LTE搭載なら何も気にせずそのまま仕事ができる。Wi-Fiのみを搭載したノートPCでは、モバイルWi-Fiにしてもテザリングにしても、接続するまでに一手間かかるものだが、まったく不要なのだ。

↑机に座ってディスプレーを開き、指紋認証でロック解除。するとすぐにLTEによる通信が開始し、ネットへアクセスできる。

 Wi-FiとLTEは自動で切り替えてくれるので、たとえば外出先やテレワークで自宅作業といったときでも、Wi-Fiが利用できるところでは1度接続設定をし、自動接続にしておくだけで、次からはWi-Fi電波を拾ったらLTEから切り替えてWi-Fi接続になる。もちろん、Wi-Fiの電波を拾わなくなったら自動的にLTE接続になるので、シームレスでネット利用できるわけだ。この快適さは一度味わってしまうと、LTE搭載ノートPC以外は選択できなくなるはずだ。

↑Wi-Fiの設定で自動接続にしておけば、電波を拾った際自動的に接続される。LTE通信をしていても優先的に切り替わる。

↑設定の「ネットワークとインターネット」にある「携帯電話」に、「Wi-Fiではなく携帯ネットワークを使用する」という項目がある。ここで「Wi-Fiの状態が悪い場合」になっていれば、電波感度が悪くなると自動的に携帯ネットワークへ切り替えてくれる。

 VAIOは、このLTEを利用する快適さを少しでも多くの人に味わってほしいと考えている。

 新VAIO Pro PF / PGシリーズのLTEモジュール搭載モデルを購入すると、標準でWindows 10のデータプラン対応のSIM「Cellular Data for VAIO」が同梱されている。

 Windows 10のデータプランとは、プリペイドタイプのSIMを活用したWindows 10の機能の1つで、Windowsストアのアプリ「有料Wi-Fi&携帯ネットワーク」から通信容量を利用する分だけその都度購入できるもの。

↑同梱されている「Cellular Data for VAIO」SIM。特に契約の必要はなく、SIMスロットに差すだけで利用できる。

 最大の特徴は、このSIMを差しておけば、日本だけでなく海外の主要エリアでもそのまま利用できる点だ(ただし海外でのSIM利用はメーカー保証外)。付属するのは、フランスの電気通信事業者であるTransatel社が提供するグローバルローミングSIMで、海外に行った際でも、現地のSIMを購入して差し替える手間が必要ない。仮に通信容量が底をついていても、LTE接続できる場所なら、「有料Wi-Fi&携帯ネットワーク」で必要容量を追加購入できる。

 SIMを差すだけで、APN設定などが必要ないのもいい。

↑SIMスロットは裏面にあり、ここに同梱のSIMを差すだけ。

↑電源を入れて起動すると、まずワイヤレスWANのファームウェアのアップデートがかかる。

↑最初は圏外と表示され認証にしばらく時間がかかる。あせらずに1~3分待とう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう