週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

SIMフリー/LTE、そしてWi-Fiの強化も実感

VAIO Pro PF / PGは買えば無料でLTEが体験できる、速度も計測した

2017年11月09日 09時00分更新

さらに幅広いバンドに対応し国内3大キャリアは利用可能

 新VAIO Pro PF/ PGシリーズに搭載されているLTEモジュールは、以前のモデルとは異なり、対応バンドがかなり広がっている。国内の3大キャリアのLTEはほとんどカバーしている。以下に対応バンドの一覧を紹介しよう。

↑VAIO Pro PF / PGシリーズの対応バンド。

 また、キャリア・アグリゲーション(CA) カテゴリー9にも対応し、下り最大450Mbps(理論値。上りは最大50Mbps)を実現。通信環境がよければ、自宅のWi-Fi並で利用できることになる。アンテナの位置も最適化されていて、電波の受信感度もアップ。電波をしっかりキャッチできる。

↑アンテナはLTEとWi-Fi用がディスプレーの上部に組み込まれている。

 格安SIMは、法人向けにも提供されており、たとえばBIGLOBEモバイルの法人向けは、データSIMが3GBプランで月額700円(税別・以下同じ)。別途法人向けならではのサポートや管理が可能になるBIGLOBEオフィスサービスの月額費用などがかかるものの、それでもかなりお得だ。

 また、VAIOでも「VAIOオリジナルLTEデータ通信」SIMを提供している。年間契約のプリペイドタイプで1年間32GBが1万4200円。3年間プランまで用意されていて、毎月通信料を精算せず、1度に経費精算できるので処理がラクな上、予算も立てやすいのが特徴だ。とくに毎月の使用量が不安定な企業にオススメだ。

↑「VAIOオリジナルLTEデータ通信」のプランと価格。

 実際にLTEの通信速度をSpeedtest.netでテストしてみた。使用したのはドコモ系のMVNOのSIMで、場所は渋谷駅。

↑計測場所や時間帯、サーバーの混み具合によって速度に差はある。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう