週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ソースやきそばと激辛やきそばが1つに!

ペヤング二刀流で1067kcal「超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」

2016年08月04日 16時09分更新

 今日はまるか食品「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ激辛」を食べます。価格は228円でした。内容量は235g(!)、カロリーは1067kcal(!!)。

 「ペヤング ソースやきそば」と「ペヤング 激辛やきそば」が1つになったものです。要するに「ペヤング ソースやきそば 超大盛」のソース半分が激辛になったと思えばよろしい。

 なお「ハーフ&ハーフ」とうたっていますが、通常のペヤングの内容量(117g)2つ分なので、0.5+0.5=1ではなく、1+1=2です。

 まさにペヤング二刀流。カップ焼きそば界の大谷翔平選手(日本ハムファイターズ)といえましょう。

わかりやすいパッケージ

暴力的な栄養成分表示

調理の工程もやや多い

ソース×2、大きめのかやく、スパイス&ふりかけ

 作り方は通常のペヤングと同じです。フタを開けてソース×2とかやくとスパイス&ふりかけ袋を取りだし、まずかやくを入れて、お湯を入れます。ただしお湯が820mlほど必要なので、前もって準備しないとお湯切れする可能性も。気をつけて。

 湯切りが終わったら、半分に激辛ソースを、もう半分に通常のソースをかけて、スパイスとふりかけを入れれば完成です。

湯切り後。まあ……いつものペヤングですね

半分に激辛ソースをかける

もう半分に普通のソースを

そしてスパイスとふりかけを入れれば……

ペヤング二刀流の完成でござい

 パッケージには「3度おいしい」とありました。普通の味、激辛の味、ミックスした味で3度ということでしょう。というわけで、その順番で食べてみたいと思います。

まずは普通のソースやきそばを食べる。特にコメントはない

続いて激辛ソースやきそば。すごく辛い

そしてミックスして食べる!

やっぱり辛いわ

 はっきり言って激辛の味が強すぎて、ミックスしたところで辛さが消えません。1度に2つの味を楽しめるということなのでしょうが、何しろ激辛が強烈なので、通常ソースの味が完全に支配されてしまっています。

 そして量もすごい。やっぱり超大盛、ペヤングソースやきそばが2倍の食べごたえは相当です。さすがは1メガカロリー超え。圧巻です。

編集部のヤング・フレッシュ(25歳)サンキュー鈴木は、まず激辛ソースの部分を食べ……

その余韻を残したまま通常部分を食べる技を披露!

「あーっ、ダメですわ。辛いですわ」

 そもそもまるか食品は、「激辛か……めっちゃ辛くしたろ!」「超大盛りか……量を2倍にしたろ!」という、非常にシンプルな発想による製品展開を得意とするメーカーです。おそらくこのハーフ&ハーフ激辛も、「2つの味をまとめたろ!」というアイディアによるものでしょう。

 しかし激辛が強いです。強すぎます。別にダメとは言いませんが、ミックスすることで中間の味も楽しめるかというと甚だ疑問です。8:2ぐらいの割合で激辛が勝っています。

 カップ焼きそば界の大谷翔平選手という喩えを使いましたが、まさしく大谷選手がマウンドから投げ込む163km/hのストレートのような直球の辛さ。そして鋭いスイングから放たれるホームランのようなインパクトのある量。完封負けです。今回は以上です。


■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう