2019年11月03日12時00分

Xperia 1よりも使いやすい!? 小型で高性能「Xperia 5」の魅力を徹底分析

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
159

 「Xperia 5」は、ソニーモバイルコミュニケーションズが6月に発売したフラッグシップ「Xperia 1」の下位モデルです。数字はグレードを表し、もっともハイスペックなのがXperia 1で、今秋にauやワイモバイルから発売された「Xperia 8」は、Xperia 5よりもスペックが低く、グローバルではさらにロースペックの「Xperia 10」も発売されています。

 と聞くと、Xperia 5は、Xperia 1とXperia 8の間くらいの仕様、と思ってしまうかもしれませんね。でも実際には、Xperia 5の仕様のほとんどはXperia 1と共通。むしろ、機種名を「Xperia 2」にするべきだったのでは? と思うほどハイスペックな端末です。筆者もそうですが、「Xperia 1よりもXperia 5が欲しい!」と思う人も少なくないでしょう。

 そんなXperia 5をソニーモバイルからお借りして、いち早く使ってみました。筆者が借りたのはソフトバンク版のレッド。ドコモとauからも発売されていますが、基本仕様は共通しています。

大画面と持ちやすさを両立させた、絶妙なサイズ感

 Xperia 5は、Xperia 1と同じく縦横比が21:9の「シネマワイドディスプレイ」を搭載しています。画面サイズは、Xperia 1が約6.5型(3840×1644ドット)なのに対し、Xperia 5は約6.1型(2520×1080ドット)。ひと回り小さくなりました。

159
約6.1型の有機ELディスプレーを搭載。解像度はXperia 1よりも低いが、充分すぎるほどキレイだ

 Xperia 1を初めて手にした時は「長い!」というのが第一印象でしたが、Xperia 5は「スリム」という印象。本体サイズは約68×158×8.2mmで、縦の長さよりも横幅の細さが際立っています。「横幅を細くした大画面スマホ」といった感じです。

 Xperia 1は片手持ちでは、画面上方に指が届きませんが、Xperia 5は片手でも画面の大部分に指先が届き、通知パネルの引き出すこともできます。片手での操作性を重視する人には魅力的な選択肢となるでしょう。

159
スリムなので持ちやすく、片手持ちでもほとんどの操作をこなせる

 背面パネルはガラス、側面にはメタルが用いられているとのことですが、それを一体化する塗装が施されています。デザインが評価されることが多いXperiaですが、Xperia 5は従来モデルにも増してキレイに仕上がっているように思います。

159
背面パネルの美しさは出色。ソフトバンク版はキャリアロゴがなく、グローバル版と同じデザイン
159
右サイドに音量ボタン、指紋センサー、電源ボタンを搭載
159
カメラを起動し、シャッターとしても使える専用ボタンも搭載
159
左サイドにnanoSIMとmicroSDのスロット
159
底部にUSB Type-Cポート。3.5mm穴のイヤホンジャックは非搭載

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking