2019年05月08日09時00分

パナソニック 建築照明器具SmartArchiでスクエアプラスタイプを発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
8

 パナソニック ライフソリューションズは5月7日、建築照明器具「SmartArchi(スマートアーキ)」において、「Float Light Architectural Square + Type(スクエアプラスタイプ)」合計17品番を発表した。販売開始は6月1日からで、希望小売価格は1枚タイプが6万4800円、2枚タイプは9万7200円、ウォールウォッシャタイプは5万7240円。

8

 新築やリニューアルしたオフィスビルに設置される600グリッドのシステム天井を生かし、機能性とインテリア性を両立できるという。天井すべてを張り替えずに、照明器具を入れ替えるだけ。テナントオフィスの受付や、フリースペース、会議室、通路などにおすすめとのこと。

8

 たとえば、受付は企業イメージを高めるために、品格のある空間に演出できるという。フリースペースは、コミュニケーションを促す、カジュアルな雰囲気を実現できるとしている。

8

 光色は5000K(昼白色)、4000K(白色)、3500K(温白色)、3000K(電球色)。演色性はRa83。光源寿命は4万時間(光束維持率は85%)。

 

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking