2016年07月24日18時00分

2016年後半のトレンドを探る、5万円前後イヤフォンが面白い!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

ハイレゾプレーヤーやUSB DACの注目機種も続々

 Astell&Kernの「AK70」は今回の注目機種の一つ。ターコイズ風のメタリックブルーはなかなかない色ということもあり、女性人気も上々だったそうだ。「AK100II Type-S Red Hot」「AK T8iE MkII」も展示されていた。

ポタフェス
AK70と「AK100II Type-S Red Hot」
ポタフェス
AK70 Caseも展示。アイボリーやベージュはないの?という声もあったそう。
ポタフェス
確かにおしゃれな感じがする。本体も軽く女性の負担にならなそう。

 ティアックはHA-O5に加え、ウォールナット製の置台、カラフルなカバーなどを展示していた。カバーはレッドのほかに、カラバリが参考出品されていた。

ポタフェス
HA-05を置く、本格的な質感を持つトレーも提案
ポタフェス
カラフルなカバーも参考出品していた。

 COWONのPLENUE M2はPCM1795を採用して、192kHz/24bitに対応したポータブルプレーヤーの新製品。本体容量が倍の128GBへ、アンプ部の作り込みを変更し、インピーダンスが従来の3Ωから1Ωまで対応。さらに画面下部にPLENUE S同様のマルチボタンを追加している。価格は8万5000円弱。PCM変換となるが5.6MHzのDSDにも対応する。サイズは幅69.0×奥行き117.3×高さ13.4mm。重量は188g。質感の高い金属筐体が魅力的だ。

ポタフェス
ポタフェス
ポタフェス
ポタフェス

 HiFiMANが参考出品したのは「SuperMini」は薄型筐体ながら、2.8MhzのDSDにも対応したポータブルオーディオプレーヤー。中国でも発表されたばかりのモデル。日本では年内の発売を目指しているようだ。写真のように非常に薄い。

ポタフェス

 小型という意味では、M-AUDIOのヘッドフォンアンプとUSB DACもなかなかのもの。小さいだけでなく、価格もかなり頑張っている。

ポタフェス
Bass Traveler。4極ミニ出力を2系統持つで、3500円以下。
ポタフェス
MICRO DAC 24/192。こちらも1万円を切る値付け。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking