2016年04月05日11時00分

ソニー魂こめたカギ「Qrio」さらに便利に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
qrio

 ソニーが昨年12月に新会社を設立して開発・発売した、スマートロック「Qrio」が人気だ。スマートフォンのアプリで解錠できるデジタル錠で、ドアのサムターン(つまみ)にとりつけるだけで使える。

 3月28日開催のハードウェアフェス「IoT&H/W BIZ DAY by ASCII STARTUP」(アスキー主催)では新機能を紹介していた。Apple Watchへの対応で、ユーザーからの要望がとくに多かったため追加したという。

 ところでQrioは個人だけでなく企業も利用者になる。具体的にはアパート・マンションなどを管理している不動産業者だ。その話がおもしろい。

 Qrioは今年2月、Qrioを暗証番号で解錠できるようにするパネル「Qrio Keypad」を発表している。1時間・1日・1週間単位で暗証番号を変えられるもので、たとえばマンションの内見をするときなどに使える。

qrio
qrio

 不動産業者はAirbnbを使った民泊事業の管理にQrioを使いたいという話が多いそうだ。日本では外国人観光客が多いため、アプリではなく暗証番号を入れる方が便利。工事がいらないため導入コストも既存電子錠より安い。

 いわゆるキーボックスにも応用できるだろう。

 スマートロックは国内だけでもAkerun、NinjaLockなどの競合がいる。鍵のように大事なツールを選ぶときは、価格よりも安全性と便利さを気にするもの。ソニーブランドの安心感は強い。今後も機能拡充に期待したいところだ。

qrio

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking