2015年09月16日13時00分

獺祭も500円!馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」がナイスに酔える

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

馬すしと日本酒のお店“ゆう馬”新店

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 酒好きのグルメ担当であるアスキーのナベコは、下北沢にこの夏できた『馬すしとピンチョス ゆう馬』に行ってきました。
 “ゆう馬”は、熊本の馬肉を看板にする系列で、『馬すしとピンチョス ゆう馬』は3店舗目。ほかの店とは異なり“馬すし”がテーマで、日本酒は一杯500円という思い切った一律価格に設定しているのが特徴です。はっきり言って手頃な価格で良い日本酒が飲めますよ!

馬すしを食べてきた!

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 馬肉のお寿司って寿司屋さんに当たり前に並んでいるわけではないし、馬肉メインのお店ではないと味わえないんですよね。日本人ならではの馬肉をとてもおいしく食べる方法です。
  赤身、バラウス、バラウスの炙り、上ヒモ、ユッケ軍艦、霜降り、ウニの軍艦と、全種の馬すしが並ぶ盛合せ『大人にぎり』(7貫1000円)を頼んでみました!

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」
左上から時計回りに、霜降り、赤身、バラウスの炙り、バラウス、上ヒモ。

 衝撃を受けたのは、バラウス。馬のバラの一部の部位なのですが、柔らかく霜降りのように脂がたっぷり乗っていました。口に入れると、旨みが「ふわ~」と広がり、馬というとタンパクなのかと思っていると、想像以上の膨らみがある味わいに出会えます。
 炙りはさらに脂の旨味を引き出していてジューシーこの上ない!

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 赤身は馬肉の一般的な部位で、タンパクで力強い味わいです。後をひかないので、盛合せの一番最初に食べるのが良いでしょう。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 こちらは珍しい上ヒモ。筋っぽくてヒモのような部分があるのですね。食感がおもしろいです。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 熊本料理を掲げる“ゆう馬”では、ウニの軍艦も自慢です。熊本はウニ料理も名物ですからね。

日本酒は一律500円

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 日本酒はオール500円。黒龍、鍋島、田酒、浦霞、鳳凰美田など名酒が一律でワンコインって、ちょっとお手頃です。系列店でも価格設定は異なっていて、ここまで思い切って日本酒を提供するのはここだけということですよ。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 その中で、「ぶっちゃけいちばん飲まれたくないのは!?」と店長に尋ねたところ「やっぱり獺祭ですかね」という答えでした。それはぜひ飲ませてください!!
 近年の日本酒ブームを加速させた『獺祭』(50%みがき)も500円。記者の感覚だと、量にもよりますが同じ50%みがきはほかのお店では800円~1200円ぐらいではないかと。500円というのは確かにリーズナブルです。
 獺祭は凛と澄んでいて、背筋が正される味わいですよ。これは飲むべきですね!

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 秋口ならひやおろしといった季節のものや、特別入荷した限定酒も置いています。
 3種飲み比べセットは1000円。銘柄ごとの味わいの差を楽しむならこれが良いでしょう。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 馬すしを日本酒でいただきます!

 はぁ~。おいしい。
 馬肉というと焼酎ももちろん合うのですが、生姜やニンニクをあえないのであればとても日本酒にも合うんですよね。馬肉の脂は良質で後にあまり残らず、日本酒が芳香が舌の上を気持ちよく流してくれます。海鮮の寿司に日本酒を合わせる感覚で、どんどん進んじゃいます。

珍しい馬肉料理、熊本料理が!

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 刺身は、『レバ刺し』、『ハツ刺し』、『サオ刺し』など、いずれも貴重な部位が揃っています。
 レバ刺しはあいにく売れ切れで、希少部位である『サオ刺し』(500円)を注文しました。サオというと、精力みなぎる部分。なかなか扱っているお店はないはずです。
 どれどれと思って食べると、非常にタンパクでモニュモニュした歯ごたえ。辛子酢味噌が味を引き立ててくれます。部位を想像しながら食べるとちょっと複雑ですが、元気がみなぎりそう。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 こちらは『馬テールのから揚げ』(500円)。東京でほかには味わないんじゃないかという珍しい料理です。
 見た目は真っ黒で「おや?」と思いましたが、口にすると脂がジュワ―。やわやわで旨みたくさんつまったていました。
 鶏のから揚げとはまったくの別物で、角煮のプルンとした部分を揚げたようなジューシーさです。外側のわずかな衣の食感も楽しい。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 熊本ならではの『揚げたて辛子れんこん』(500円)もいただきました。
 辛子レンコンはレンコンの間に辛子をつめた熊本名物。これだけでも十分酒のつまみにぴったりなのですが、これを揚げるなんて!
 衣がついた辛子レンコンは、アツアツ・サクッ・ピリ辛で、酒が進む味わい。日本酒というより、ビールのつまみにぴったりですね。

スタンディングもできるカジュアルな店内

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 オープンにあたって当初は立ち飲み形式を予定していたそうですが、要望があって結局は椅子を設置したそうです。軽く腰をかけるタイプなので、雰囲気によってはスタンディングで飲むのも全然ありです。
 カウンターには、ほかのお客さんと自然に会話が生まれるような、打ち解けた雰囲気が醸されていました。

馬すしの日本酒スタンド下北沢「ゆう馬」

 記者は取材で行ったのにもかかわらず、カウンター席で並んだお客さんとついつい会話が弾んでしまいました。おいしい料理とおいしい酒は人の心を結ぶ、ですね。
 均一価格で銘酒を飲める『馬すしとピンチョス ゆう馬』は、見晴らしの良い路面店でふらりと訪れやすく、ひとりで飲むにもぴったりでした。日本酒&馬好きな人はぜひ!

『馬すしとピンチョス ゆう馬』
・住所:東京都世田谷区北沢2-1-1
・営業時間:平日 17時~翌3時 / 土日祝 16時~翌3時
・定休日:不定休

関連サイト

馬肉最強店「ゆう馬」|美味い馬肉を食べたいならココしかない!!
ゆう馬 Youma 熊本馬肉専門店

~ナベコ、Facebookページはじめました~
この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking