2015年08月17日20時30分

コミケでの戦利品をクラウドと専用倉庫で安全に管理する方法

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんにちは。いまは週刊アスキーの吉田でございます。さて、今年の夏も8月14日から16日まで、東京ビックサイトでコミックマーケットが開催されましたね。数多くの戦利品を手にした方も多いかと思いますが、あとあと困るのがその保管ですね。これらの戦利品は、そのほとんどがカタチとして価値のあるもの。キチンと保存するには、それなりのスペースと湿度、温度などの管理も必要ですし、整理整頓して保管しないと使いたいときに探すのが大変です。

 さて最近では、デジタルデータの管理については自宅や会社よりもクラウド環境で保管したほうが消失や劣化の恐れがないというのは当たり前の認識になりつつあると思います。会社あれば、昔ながらのオンプレミスの専用機で管理する方法もありますけど、それなりの人とコストがかかりますしね。10月からすべての日本国民と日本に住所登録がある外国人にマイナンバーが交付されますが、この管理についても会計システムを手がけている多くの企業が、クラウドサービスでの保管を推奨していますね。

 個人レベルでも、写真などは「iCloudフォトライブラリ」とか「Googleフォト」とのクラウドサービス管理したほうが、複数のデバイスから閲覧できてるので利便性は高まりますし、バックアップの手間も必要ありません。音楽については、あんまり普及していませんが、自分が購入したCDの音源などをクラウドに保管できる「iTunes Match」などのほか、最近では定額制の「Apple Music」や「LINE MUSIC」などのストリーミングサービスを利用するのも手です。

 さてデジタルデータのように、コミケで購入したモノもクラウドで管理したいというニーズに応えられるのが、「アニメイトコレクション」と「魂ガレージ」です。これらは、寺田倉庫が運営している個人向けの荷物預かりサービスである「minikura」のインフラを活用し、コミックやCD、DVD、フィギュアなどを保管するサービス。ただ保管してくれるだけでなく、預けた品物を1つ1つで写真で撮影してデータベース化してくれるのが特徴です。

minikura
「アニメイトコレクション」は、国内最大手のアニメ・コミック関連の販売会社であるアニメイトが運営する、コミックやキャラクターグッズの預かりサービス。
minikura
「魂ガレージ」は、ガンダムや仮面ライダーなどのフィギュアを取り扱う魂ウェブ((株)バンダイ)が運営している、フィギュアの預かりサービス。

 「アニメイトコレクション」では「アニメイトコレクションAキット」を注文することで、1キット50点までを写真撮影したうえでデータベース(ギャラリー)管理してくれます。保管期間は6カ月で利用料金は3000円です。7カ月以降は月額400円となります。

minikura
「アニメイトコレクションAキット」を注文すると、送った品物を写真撮影してくれます。写真撮影なしで詰め放題の「アニメイトコレクションBキット」もあります。
minikura
送られてくる段ボールには、コミックなら約100冊、B5同人誌なら約120冊を収納できます。

 利用するのはもちろん寺田倉庫の倉庫で、湿度や温度を365日コントロールされた環境で保管されます。アニメイトコレクションの特徴は、荷物の出し入れについても「アニメイトコレクション」のスタッフが担当する点です。品物の価値がわかっているスタッフが担当するという安心感がありますね。

minikura
寺田倉庫のインフラを使いつつ、品物の取り扱いは専門スタッフが担当します。

 一方の「魂ガレージ」では、スタンダードコースは30点、デラックスコースは60点までの品物をデータベースで管理可能です。専用ボックス料と保管料は、スタンダードコースが300円/300円、デラックスコースは600円/600円となっています。

minikura
いずれも1年以上を預けると段ボールごとの取り出し料金は無料です。アイテムごとの取り出しについては保管期間に関わらず800円となります。

 梱包や倉庫での保管に使う段ボールは、ダブルカートンつまり2枚重ねのスペシャルな仕様となっており、運搬時や保管時にフィギュアなどが破損する恐れを大幅に軽減してくれます。「魂ガレージ」では寄託価格が設定されているのも特徴で、保管中に万が一品物に破損など事故が生じた場合に、スタンダードなら1万円、デラックスなら10万円までを保証してくれます。

minikura
最近ではペットを室内飼いしている人も多いかと思いますが、フィギュアとか飾っていると大変ですね。
minikura
送られてくる段ボールはダブルカートン仕様のうえ、魂ウェブで販売されている各種製品パッケージがキッチリ詰め込める大きさになっています。

  実際に、各サービスでアンケートを実施したところ、

・画像で確認できるので「ああ、持っているんだな、これ」って、直接触れなくても満⾜しています。図鑑みたいですね(40代男性)
・部屋が⽚付き便利です(30代⼥性) 
・⾃室が広くなった(40代男性)
・急な引っ越しだったのでとても助かった(20代男性)
・撮られた写真もわかりやすい(40代男性)
・ちゃんと保管されるか不安(20代⼥性)
・潔癖なので他⼈に触られたくないが⾃宅のフィギュア(家族のもの)はごみのようにあり、2部屋埋まっているので預かってもらえるのは魅⼒的です(20代男性)
・保管環境もよく、家族から隠したいから便利(20代男性)

という意見が寄せられたそうです。ちなみにワタクシは、

 寺田倉庫の「minikura」サービスで衣服を預けているのですが、ウェブブラウザー上で保管されている衣服が見られるのでかなり便利です。フィギュアなどは持っていることが重要ですが保管は大変。普段はプロのカメラマンが撮影した写真をながめつつ、必要に応じて出し入れするというのがスマートですね。

minikura
通常の「minikura」のサービスでは、預けている荷物をそのままYahoo!オークションに出品したり、衣類であればクリーニングに出すことも可能です。写真撮影のコース「minikura MONO」は月額保管料250円、写真撮影なしの「minikura HAKO」は月額保管料200円です。

■関連サイト
minikura
アニメイトコレクション(アニメイト)
魂ガレージ(バンダイ)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking