2015年08月06日14時00分

法人向け新dynabook TabもWindows 10に対応 移行ツールや暗号化ツールも一新

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 東芝は同社の法人向けPCのWindows 10対応ラインアップを発表しました。Windows 10 Pro標準搭載モデルは全8種類。そのうち『dynabook Tab S60/S』は新モデルとなります。

『dynabook Tab S60/S』
●9月下旬以降発売予定

dynabook

 dynabook Tab S60/Sは、先日発表された『dynabook N40/TG』のタブレット部分と同等。ディスプレーは10.1インチでWUXGA解像度(1920×1200ドット)、CPUはAtom x5-Z8300(4コア、1.44GHz、最大1.84GHz)。メモリーと2GBもしくは4GB、ストレージは32GBもしくは64GB eMMC。USB2.0×2搭載の物理接続式キーボードドックはオプションで提供されます。

 家庭向けと同じく録音アプリ『TurRecorder』やカメラアプリ『TruCapture』を搭載し、ビジネス用途で便利な東芝独自のアプリも搭載。デジタイザーペン利用可能なモデルに関しては手書きメモアプリ『TruNote』もプリインストール。なお、法人向けのプリインストールTruNoteはページ検索やWord/PowerPointへのエクスポート機能などは省かれています。

 また、東芝ではWindows 10移行サービスや暗号化ツールの提供も開始。

 移行サービスはアップグレードおよびリププレイスに対応。公式ツールに比べ短時間での移行が可能で、アップグレードの場合はアップグレード前のOSへの復元も簡単に可能で、社内や部署内で簡単に最新OSでの検証作業を進められます。

 暗号化ツール“Smart DE”はいち早くWindows 10に対応。プリブート認証まわりのデザインを変更したほか、ソフトウェアキーボードでのパスワード入力に対応。iOS/Androidスマホの接続制御も可能で、社内端末からの情報漏えい対策が可能です。

 スムーズなWindows 10への移行・検証をすすめたい企業のIT部門・管理者の方はぜひチェックしてみてください。

●関連サイト
dynabook.com法人向けページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking