2015年06月04日22時30分

「天丼てんや」のひとり呑みがオツ!激安580円の天ぷらビールセットが最強

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 エビバディみなさん、お元気でしょうか。週アスの酒乱担当ナベコです。
 どうせ酔うなら記事にしてやると、吉野家なか卯日高屋と昨年より独断でナベコのひとり呑みシリーズを展開してまいりました。しばらく間があいたのですが、夏はやっぱり酒がウマい。ということで、舞台を泣く子も黙る“てんや”に定め、シリーズ復活回祝いに来てみました。

『天丼てんや』で呑兵衛女子がひとり呑み!

 

天丼てんや

 ひゃっほー! 『天丼てんや』です。ここはご存知の通りご存知の通りがっつり食事メニューである天丼がメイン。加えて、天ぷらをつまみにお酒を呑みたいおじさまの期待に応えるちょい飲みできるメニューも豊富に揃えているんですよ。呑むぞ、呑むぞ~。

◆てんや呑みはコスパが良いです

天丼てんや

 驚くべきはそのコスパ。特に『生ビールセット』は生ビールと天ぷら四品盛合せがセットで580円と、とっても安いのです。ワンコインとまでは行きませんが社員食堂の定食の価格ですよね。これで生ビールまで呑めるとは!

◆これが580円の生ビールセットです!

天丼てんや

 じゃじゃ~ん。こちらが『生ビールセット』です。生ビールさんと行儀よく4品盛られた天ぷらさんたちがセット。全部まとめて面倒見るぞ☆

◆生ビールは特別価格300円でした

天丼てんや

 生ビールは単品で頼むと、この時は特別価格で300円でしたが本来は400円。つまり通常価格であれば生ビールにプラス180円するだけで天ぷら4品がついてくるという計算。生ビールが仮に常時300円だとしても、280円で海老天含めた天ぷら4品がついてくるというのはそれでも安いです。

◆くるしゅうない! 呑むわよ!

天丼てんや
「くるしゅうない、いただこう」

 安いは正義。お酒も正義!
 激安580円の『生ビールセット』のビールで乾杯です。平日ゆえ同じ頃に編集部でカリカリと入稿作業をしているアスキーメンバーがいるのですがそんなの知りません。他人のことですから。

◆てんやですから、天ぷらがおいしいです

天丼てんや

 天ぷらは海老、いか、れんこん、いんげんの4種類。
 てんやといったら天ぷらの専門店なので、揚げ立ての天ぷらはなかなか。特に海老はこの価格にしては身が大きくプリプリして、衣と良いバランスです。つけダレではなくて塩を振って食べても良いでしょう。

◆ツウっぽく食べたいなら塩を使っちゃいましょ

天丼てんや

 てんやではカウンターに“藻塩”も用意されています。ツウっぽく食べたいならこれを使いましょう。

◆単品で天ぷらを注文できます

天丼てんや

 天ぷらを単品から注文できるのもてんやの魅力。大好きなまいたけの天ぷら(80円)を追加しましたが、ほかにも様々なネタがあるので串カツ感覚で気になったものにチャレンジしみると良いでしょう。うれしいことに(?)てんやの天ぷらはたいがい小ぶり。ガッツリ食べたい場合には「少ない」と感じるかもしれませんが、酒を呑みながらちょいちょいつまむなら小ぶりがな天ぷらがかえってありがたいです。

◆大根おろしを最大限活用しましょ

天丼てんや

 天ぷらは揚物のなので、連続で食べると口や胃が脂っぽくなってきます。そこで最大限に活用したいのが大根おろし。大根おろしは脂料理と相性がよく、胃の消化吸収を助ける作用があります。大根おろしは天ぷらを注文すると必ずついてくるので、つけダレに落としたり直接醤油をかけて食べたり必ず摂取しましょうね。また、追加で天ぷらを頼んだ時など、お願いすれば大根おろしも追加でもらえるようなので、減っていたら店員さんにきいてみましょう。

◆天ぷらのショートケーキや~

天丼てんや

 ここでナベコオススメの天ぷらの食べ方を紹介!
 天ぷらの上に直に大根おろしと生姜を乗せてディスペンサーのタレをちょいちょいと垂らせば、いかがでしょう? まるで天ぷらのショートケーキのように美しい見た目ではないですか!! これをパクッといただくとつけダレに天ぷらを浸したときとまた違った衣の食感や味わいが楽しめてオツです。ぜひ試してみてください。

◆枝豆セットもオトク、そして唐揚げはウマイです

天丼てんや

 『生ビールセット』がオトクでしたが、こちらの『枝豆セット』もお安い。鶏唐揚げと枝豆のセットで、価格は個別に頼むより40円オトクな300円です。
 ちょっと感動しちゃったほどこの鶏唐揚げがとてもおいいしいです。生姜やみりん、出汁でしっかり下味をつけたであろう、こってり風味深い唐揚げ。お母さんがつくってくれたような和風で懐かしい味に仕上がっています。これはビールがガンガン進んじゃいますよ!

◆お新香もちゃっかり食べちゃいましょう!

天丼てんや

 牛丼屋の紅ショウガに代替する存在であるのがカウンターにセットされたお新香。細かくカットされており、カリカリした歯ごたえが魅力です。天ぷらやつまみ料理を食べる合間に口に入れてシャキッとした歯ごたえをプラスしましょう。

◆ハイボールはキリンの富士山麓

天丼てんや

 1杯目のビールを飲み干したので、お次は揚物に合いそうな『ハイボール』をチョイス。
 なんとなくうれしいのが、ハイボールのウイスキーがキリンの富士山麓であること。ハイボールというとサントリーの角で出すお店が多いですが、やや香り風味も強い富士山麓を採用しているとは。クセがあるので天ぷらに合うかなという疑問はありましたが、炭酸がけっこう強いためか富士山麓の香りを適度に楽しみながらおいしく料理をいただけました。

◆『焼鳥の甘辛煮』は酒がグビグビ進みますよ

天丼てんや

 揚物とは趣向を変えてザ酒飲みメニューの『焼鳥の甘辛煮』(230円)も頼んでみました。
 上にたっぷり乗ったネギが魅力。味わいは甘くてちょっとべっとりし過ぎかなと思いましたが、お酒がグビグビと進みます。

天丼てんや

 やっぱり焼鳥はたっぷり七味を振りかけて食べるのが良いですね。

◆いじょっ!

 以上、お酒2杯でほど良く酔ってお腹いっぱいになったナベコでした。
 お会計は『生ビールセット』(580円)+『単品まいたけ』(80円)+『枝豆セット』(300円)+『ハイボール』(280円)+『焼鳥の甘辛煮』(230円)で、しめて1470円。天ぷら、鶏唐揚げ、焼鳥と正直ひとりで食べるにはボリュームが多かったので、1品減らしてもう1杯お酒を頼めばよかったかも。

天丼てんや

 揚物が連発してしまったので、健康のためには『たこの海藻サラダ』(120円)を頼んだらよかったなと反省しました。次回リベンジです!

◆この人まんま“てんやおじさん”って名前なんですね……

天丼てんや

 この日、てんやのマスコットキャラクターのおじさんにバイバイしてお店を後にしましたが、後になってこのちょび髭のおじさんの名前がふと気になって調べてみました。なんとまんま“てんやおじさん”という名前らしい。もうちょっとひねろうよ!“てんや太郎”とか、“天丼くん”とか……、あれっこれも安直?

 そんなことは置いておいて、こっそりと再開したナベコのひとり呑みシリーズですが反響が多かったら今後も続けていく予定です。もし、ナベコに呑みに行って欲しい店があったら教えてくださいね!

■関連サイト
天丼てんや

~ナベコ、Facebookページはじめました~
この記事を書いたナベコです!よかったらFacebookページをのぞいてください。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking