2015年05月14日14時45分

Windows 10のエディションが判明!Home、Pro、Mobile、Enterprise、Educationほか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 米Microsoftブログにて、夏に190ヵ国111言語で登場するWindows 10のエディションが公開された。

Windows 10

 それによれば、Windows 10は以下の6つのエディションが登場する。

Windows 10 Home
Windows 10 Mobile
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
Windows 10 Mobile Enterprise

 個人用途向けには『Windows 10 Home』と『Windows 10 Pro』、そしてモバイルデバイス用の『Windows 10 Mobile』をリリース。法人用途向けには『Windows 10 Enterprise』、『Windows 10 Mobile Enterprise』を用意。『Windows 10 Education』は教育機関向けといった位置付けだ。

 Windows 10 HomeはデスクトップPC/ノートPC、タブレットPC、2in1 PCがターゲット。Windows 10の目玉の機能のひとつである音声アシスタント機能『Cortana』や新ウェブブラウザー『Microsoft Edge』、顔や虹彩でログインなどが可能な生体認証機能『Windows Hello』などが使える。また、宅内のXbox Oneのゲームプレイが可能となる。Windows 10 Proも対象デバイスや機能は同じだが、それに加えて、ビジネスデータの保護などの仕事利用向けの機能を追加している。

 Windows 10 Mobileはスマートフォンや小型タブレット向けで、新しいユニバーサルアプリやタッチに最適化された新しいOfficeが使える。また、端末を液晶ディスプレーに接続し、ワイヤレスマウスやキーボードを使ってデスクトップPCのように使える『Continuum for Phones』機能を備える。

 Windows 10 EnterpriseはWindows 10 Proがベースで、セキュリティーや端末/アプリ管理など、中~大規模企業が求める機能を強化している。提供はボリュームライセンス。

 Windows 10 EducationはWindows 10 Enterpriseがベース。学校スタッフや教師、生徒の使う端末が対象。アカデミックボリュームライセンスで提供される。また、Windows 10 HomeかProを使っている学校かその生徒の端末からアップグレードできる。

 Windows 10 Mobile Enterpriseはビジネスでスマホや小型タブレットを使っている人に最適なエディションと説明。ボリュームライセンスで提供され、モバイルデバイスのセキュリティーや管理機能を搭載。

 また、Windows 10 EnterpriseやMobile EnterpriseはATMやお店の商品発注端末などで使うバージョンも出るとのこと。そして、ゲートウェイのような小面積で低コストなデバイス向けのWindows 10 IoT Coreというエディションも登場する予定だ。

■関連サイト
米Microsoftブログの該当ページ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking