2015年05月13日11時00分

ソニー『BRAVIA』の最新4Kモデルはハイレゾオーディオに対応し、Android TVも搭載!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーは5月13日、液晶テレビ『BRAVIA』の最新モデルを発表。4Kモデルを7機種、2Kモデルを5機種を用意し、特に50インチ以上の大型モデルにおいて4K重視のラインアップとなっている。

 4Kモデルは最新の4K高画質プロセッサー『X1』を搭載するほか、ハイレゾオーディオに対応し、Android TV機能も搭載。 4K放送だけでなく、『スカパープレミアムサービス光』をはじめ4Kネット配信サービスにも順次対応予定で、4Kコンテンツを幅広く楽しめるとしている。

 

●4K映像とハイレゾ音源で最高のAV空間を再現
『X9400C』、『X9300C』シリーズ

101513-bravia-4k

 LEDバックライトの部分駆動と部分駆動制御アルゴリズムにより、ハイコントラストを実現。高画質に加え、ハイレゾ対応スピーカーを搭載するなど、最高の画質と音質を合わせてもつ。Android TV機能搭載。

KJ-75X9400C(75インチ)
 予想実売価格 108万円前後 6月20日発売予定
KJ-65X9300C(65インチ)
 予想実売価格 65万円前後 6月20日発売予定
KJ-55X9300C(55インチ)
 予想実売価格 45万円前後 6月20日発売予定

 

●あらゆる映像をアップコンバートして高画質4Kに
『X8500C』シリーズ

101513-bravia-8500

 地デジもブルーレイコンテンツも高精細な4K映像にアップコンバートして楽しめる。Android TV機能搭載。

KJ-65X8500C(65インチ)
 予想実売価格 54万円前後 6月20日発売予定
KJ-55X8500C(55インチ)
 予想実売価格 34万5000円前後 6月20日発売予定
KJ-49X8500C(49インチ)
 予想実売価格 28万円前後 6月20日発売予定
KJ-43X8500C(43インチ)
 予想実売価格 22万5000円前後 6月20日発売予定

 

●2K、フルHDモデルも2シリーズ用意
『W870C』、『W700C』シリーズ

101513-bravia-2k

『W870C』シリーズはAndroid TV機能を搭載。一方、『W700C』シリーズは、リーズナブルな価格を重視したモデルとなっている。

KJ-50W870C(50インチ)
 予想実売価格 21万6000円前後 6月20日発売予定
KJ-43W870C(43)インチ)
 予想実売価格 16万2000円前後 6月20日発売予定
KJ-48W700C(48インチ)
 予想実売価格 13万5000円前後 6月13日発売予定
KJ-40W700C(40インチ)
予想実売価格 9万2000円前後 5月23日発売予定
KJ-32W700C(32インチ)
予想実売価格 8万1000円前後 6月13日発売予定

 

●ソニー『BRAVIA』(関連サイト)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking