2015年03月11日13時30分

気になる格安SIMの設定と実測速度を公開:NifMo編

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
NifMo

 格安SIMの使い勝手って気になりますよね。この記事では、最近話題になっている、もしくは話題になった格安SIMのAPN設定や実測速度を紹介していきます。今回は、2015年4月30日(木)までの期間限定で、毎日1名が抽選で2GB相当の通信費など無料になるキャンペーンを展開している『NifMo』の2GBプランを試していきます。

●キャンペーン概要
「私がニフモをタダにする。」キャンペーン
期間:2015年2015年4月30日(木)まで
内容:期間中にNifMoへの申し込みで、抽選で毎日1名に下記特典が当たる

特典1:NifMoの2GBプラン相当972円と登録手数料が無料
特典2:スマホセットを申し込みの場合スマホ代金全額キャッシュバック

NifMo月額料金
プラン 2GBプラン 4GBプラン 7GBプラン
データ通信 972円
(超過後200Kbps)
1728円
(超過後200Kbps)
3024円
(超過後200Kbp))
直近3日間
の制限
400MB以上 600MB以上 1GB以上
データおかわり
(追加チャージ)
500MB/972円
音声通話 756円
※通信速度の制限は、月間データ通信容量の場合には翌月、直近3日間の通信利用量の場合には通信利用量が直近3日間の上限を下回った場合に制限解除。
※音声通話は、開通翌月を起算月として、6ヵ月以内に契約解除を行った場合8640円の契約解除料。

 

 iPhone用に、“構成プロファイル”が用意されているので、公式サイトからインストールするだけで使えるようになりなす。

●iPhoneで“NifMo”を使う手順

NifMo

 @niftyの会員向けページへアクセスして、構成プロファイルをダウンロード。Safariから検索する場合は“nifmo ios apn”と入力。

NifMo

 インストールすれば準備完了。

ぷららモバイル

 モバイルデータ通信とLTE回線を使用の項目にチェックしてしばらく待つと、LTEで通信できるようになります。

●Androidで“NifMo”を使う手順

設定に必要なデータ
APN mda.nifty.com
ユーザー名 mda@nifty
パスワード nifty
認証タイプ PAR/CHAP

 

 NifMoのサイトで、動画を利用した設定方法が紹介されていますが、上記のAPNなどをコピー&ペーストするだけ。

ぷららモバイル

 “設定”を開いて“その他のネットワーク”から“モバイルネットワーク”をタップ。

ぷららモバイル

 次に“アクセスポイント”をタップして、右上のメニュー表示から新しいAPNを選択。

NifMo

 名前を会社名や契約したプラン名など判別のつく内容にして、APNには“mda.nifty.com”を入力。ユーザー名に“mda@com”、パスワードに“nifty”を入力します。

ぷららモバイル

 下のほうへスクロールすると現れる認証タイプから“PARまたはCHAP”を選択。

ぷららモバイル

 モバイルデータ通信にチェックが入っているかを確認。また、ネットワークモードはLTEと3Gが含まれているものを選択(機種によっては3GがWCDMAになっていることもあります)。

●“NifMo”の実測速度を確認
※計測には、端末としてXPERIA Z1 SO-01Fを、計測アプリには『RBB TODAY SPEED TEST』を利用。

RBB  03月07日(土)
12時30分前後
3月8日(日)
22時30分前後
3月9日(月)
12時20分前後
3月9日(月)
22時前後
下り 23.02Mbps 24.34Mbps 27.82Mbps 21.29Mbps
上り 10.34Mbps 4.58Mbps 17.65Mbps 12.59Mbps

 平日、土日の昼ごろと夜で計測。平日の昼間ピークタイムなのにも関わらず、20Mbpsを超える速度は圧倒的。ふだん使いどころか、ゲームやフルHDの動画視聴でもストレスをまったく感じませんでした。

 ただし、2GBプランだと直近3日間で制限のかかる容量が400MB以上と、やや少なめ。ガッツリ使いたいなら7GBプランを選んだほうがよさそうです。

●関連サイト
NifMo

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking