2014年09月05日16時00分

ソニーグラス、超短焦点プロジェクター、Xperia搭載マウンテンバイクを展示:IFA2014

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ドイツで開催中のIFA2014にて、ソニーはスマホやタブレット、ウォークマンなどの新製品を発表したが、さらに市販化未定のプロトタイプ製品も数多く紹介している。

 なかでも注目を集めているのが、メガネ型のウェアラブルデバイスの『SmartEyeglass』。スマホと連動して、メガネのグラス上に256階調、400×240ドットで文字情報をが投影されるシステムだ。

ソニー IFA2014 ブース
↑ソニーブースで展示されている『SmartEyeglass』。
ソニー IFA2014 ブース
↑『SmartEyeglass』を装着したところ。フレームが大きめの印象。
ソニー IFA2014 ブース
↑情報はテキストのみで、カラーも緑だけ。フレームの内側からレンズに投影される。
ソニー IFA2014 ブース
↑カメラ機能も搭載。写真の撮影のほか、顔認識などに利用できる。

 メガネ型の本体のほか、円形のコントローラーも用意されており、カメラのシャッターや文字情報のスクロールなどはこのコントローラーから行なえる。

ソニー IFA2014 ブース
↑一部が欠けた円形のコントローラー。欠けた部分はタッチセンサーになっており、画面のスクロールなどに使う。
ソニー IFA2014 ブース
↑無線LANとBluetoothを搭載。NFCでペアリングできるのがソニーらしい。また、背面はクリップになっていて洋服などに装着できる。
ソニー IFA2014 ブース
↑コントローラー上部にはカメラボタンを装備。

 『SmartEyeglass』の商品化の時期や価格などは未定。ただし、近いうちに開発者向けにSDKを配布する予定とのことで、その段階で詳細が明らかとなる可能性も高い。

 また、CESでも好評だった空間体験に関する新コンセプト“Life Space UX”のデモブースがIFA2014にも設営。ここではプレスカンファレンスでも紹介された、超短焦点プロジェクターを展示している。

ソニー IFA2014 ブース
↑『Life Space UX』のデモブース。部屋のあちこちにプロジェクターやスピーカーなどが設置されている。
ソニー IFA2014 ブース
↑置くだけでテーブルに映像が映し出せる超短焦点プロジェクター。
ソニー IFA2014 ブース
↑冷蔵庫に貼り付けて、デジタルフォトフレームのように使うことも。
ソニー IFA2014 ブース
↑壁際に置けば普通のプロジェクターとして映画なども楽しめる。
ソニー IFA2014 ブース
↑シーリングライトにプロジェクターが組み込まれており、天井へ手軽に映像が映し出せる。

 超短焦点プロジェクターは操作はジェスチャーで行ない、防水機能も装備しているのでお風呂場などでも利用できるようにしたいとのこと。これも完全に試作機で、商品化などについては未定。

 そのほか、電動マウンテンバイクにXperiaを装着したコンセプトモデルを展示。マウンテンバイクには、スピーカーや360度撮影が可能なカメラセンサーなどを車体に搭載。単にスマホを装着するだけなく、マウンテンバイク全体を使って、いかにデジタルライフを楽しめるかというチャレンジが成されている。

ソニー IFA2014 ブース
↑コンセプトモデルとして作られて電動マウンテンバイク。
ソニー IFA2014 ブース
↑ハンドルの中央部にXperiaを装着。またハンドル部分にはスピーカーも搭載されており、Xperiaから音楽などが出力できる。

 いずれの試作機もソニーらしい、遊び心が詰まったワクワクするようなアイテムばかり。試作機といわず早期の商品化を期待したい。

●関連サイト
ソニー IFA出展に関するプレスリリース

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking