2014年08月05日15時00分

ハイヤー配車のUberが都内全域のタクシーの呼び出しにも対応

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 スマートフォンを活用したハイヤー配車サービスを手がけるUber(ウーバー)は、タクシーの即時手配サービス2種を本日8月5日のタクシーの日16時より開始することを発表しました。

 タクシーの即時手配サービスは従来のハイヤー手配アプリ『Uber』に追加。東京都内であれば全エリアで利用できます。サービスは呼び出すタクシーの種類によって2つにわかれています。ひとつは通常のタクシーを呼び出すことができる『uberTAXI (ウーバータクシー)』。こちらはアジア初となるサービスです。

通常のタクシーを呼び出す『uberTAXI (ウーバータクシー)』

Uber
Uber

 もう一方はUberの世界初となるサービス。ハイグレードな車種のタクシーを手配できる『uberTAXILUX (ウーバータクシーラックス)』。トヨタクランロイヤルシリーズやBMW7シリーズなどを呼び出すことができます。

■ハイグレードな車種のタクシーを呼び出す『uberTAXILUX (ウーバータクシーラックス)

Uber
Uber

 タクシーの手配の方法はアプリ『Uber』より“TAXI”もしくは“プレミアムTAXI”を選択。現在地の情報と対応するクルマが地図上で表示されるので、希望のタクシーを選択して依頼します。利用料は通常のメーター料金と各タクシー会社の規定する迎車料になります。『uberTAXILUX 』の場合、手数料として500円が加算されます。

メリットは利便性と安全性

Uber

 ユーザーにとってのメリットは、タクシーを選択するとタクシードライバーの情報や評価などを取得することができる点、会計は登録してあるクレジット情報から行なわれるためスムーズな点、メールにて送信される領収書に通ったルートの情報も添付されるので事後確認できる点などが挙げられます。利便性が高いことはもちろん、より安心にタクシーを利用できます。

Uber

 タクシーの手配が2種あることによってユーザーは普段づかいのタクシーと、ちょっとグレードが高いタクシーを選択することができます。接待や記念日など特別な機会には『uberTAXILUX』でグレードの高いクルマを呼ぶといった使い分けができるわけです。もともとハイヤー配車をてがけるUberならではのサービスです。

Uber

 もちん都心部では従来のハイヤー手配もできるので、グレードによって3種類のサービスの使い分けが可能です。

Uberの新社長はソニー出身の長髙橋正巳氏

Uber

 Uberは2009年に米国サンフランシスコに設立し、現在は世界42ヵ国にオフィスをかまえ158都市でサービスを展開するといったように、数年で規模を拡大させています。日本のUberには今年7月より新しい執行役員社長として髙橋正巳氏が就任しています。

Uber

 同発表会では、髙橋氏の前歴はソニーであり、ブラビアの立ち上げに努めた後フランス国内のテレビ事業のプラダクトマネージャーとして活躍した前歴が語られました。ソニーは日本の物づくりの象徴であると惹かれたという髙橋氏は「今の日本に求められているのはイノベーション」として、Uberのようなサービスが普及することで日本という国がもっとよくなるのではないかと語りました。

 画期的な事業を展開する『Uber』の新サービス『uberTAXI 』と『uberTAXILUX』は本日16時からスタートします。

アプリ『Uber』の新サービス

『uberTAXI (ウーバータクシー)』
概要:タクシーの即時手配
車種:各タクシー会社が提供する車種
料金:メーター料金+送迎料(各タクシー会社の規定に準ずる)
対応エリア:東京都内
アプリ内表示名:TAXI

『uberTAXILUX (ウーバータクシーラックス)』
概要:ハイグレードな車種のタクシーを即時手配
車種:トヨタクラウンロイヤルシリーズ、BMW7シリーズ、Lexus LS、トヨタアルフィード等
料金:メーター料金+送迎料(各タクシー会社の規定に準ずる)+Uber取扱料金(一律500円)
対応エリア:東京都内
アプリ内表示名:プレミアムTAXI

Uber
●Uber Technologies, Inc.
●無料

App Store
AppStore アプリをダウンロード

Google Play
AppStore アプリをダウンロード

関連サイト

Uber

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking