2014年05月20日18時30分

3Dプリンターは日用品の補修で使う

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 最近ではふつうに家電量販店で売られている『3Dプリンター』。XYZプリンティングジャパンの『ダヴィンチ1.0』(実売価格6万9800円前後)のように7万円を切る製品も登場してきている。

ダヴィンチ1.0

3Dプリンター

 フィギュアをつくったりする人は多いけど、ほかにどんなことに使えるのよ、って思っている人は多いはず。3Dプリンターはデータさえあれば、結構いろんな形のモノがつくれます。そのため、壊れたパーツの一部をつくって補修するのにも役立ちます。

3Dプリンター

 今回は底に穴が空いたザルを補修してみた。

3Dプリンター

 無料の3D CADアプリ『123D Design』を使って、ザルの下部に直径10センチの枠に合わせて4ミリの穴を109個空けた円形の水切りのデータを作成。

3Dプリンター

 底部を3Dプリンターで造形して、革や合成ゴム、硬質プラスティックなどに対応したゴム系の接着剤で取り付けた。接着剤は直接食品に触れないように、水切りは内側と外側に段差をつけた。

3Dプリンター

 ゆでた麺を入れて力強く振って水切りしても問題なし。3Dプリンターで出力する素材のABS樹脂は耐熱200度のため多少熱しても問題はないが、接着剤の耐熱は60~80度のため補修した皿などを電子レンジなどで加熱するのはオススメできない。

 だが、厚さがあれば耐久度は硬質なプラスティック並みに強固で、椅子の肘掛やドアノブなどでも十分使えそうだ。

 3Dデータを自分でつくる必要はあるが、3Dプリンターは壊れたパーツの補修にも十分実用的なので活用してみよう。

 このほか、『週刊アスキー6/3号 No.980』では3DプリンターでPCケースを作成したり、いろんな3Dデータが入手できるサイトの紹介を掲載。3Dプリンターをこれから使ってみたい人から、いろんなことに活用していきたいと思っている人は必見だ。

※2014/05/21 14:20 お詫びと訂正:当初、3Dプリンターの素材をABC樹脂と記載していましたが、正しくはABS樹脂でした。お詫びして訂正いたします。

週刊アスキー 週刊アスキー
Amazonで購入は表紙をクリック
Kindle版はこちらをクリック

週刊アスキーはNewsstandでも配信中!
Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking