2013年11月15日18時30分

Mavericksカスタマイズ:Mission Controlで覚えたい2つのこと|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 みなさん、こんばんは。MacPeople編集部、元編集長の吉田でございます。短期集中連載の22回目は、仮想デスクトップを管理する「Mission Control」機能の設定を変更して、より使いやすくしていきます。

 「Mission Control」は、OS X Lionから搭載されている機能で、複数のデスクトップやフルスクリーン化したアプリケーションのウィンドウを一元管理できます。MacBook Airなどの表示解像度の狭いマシンを使っているユーザーにとってはおなじみですね。このMission Controlを使う場合に、ぜひとも覚えておいてほしい設定を紹介します。

Customize_General

 今回は「システム環境設定」の「Mission Control」パネルの設定をチェックしていきます。

Mission_Control

 上部に並ぶチェックボックスで「Mission Control」の挙動を、下部のポップアップメニューでショートカットキーの割り当てをそれぞれ設定できます。

Mission_Control

 この状態で「F4」キーもしくは「fn」+「F4」キーを押すと、「Mission Control」の画面に切り替わりますね。この画面の左上にあるのがミニアプリの実行環境である「Dashboard」です。ハッキリ言って使ってませんよね、Dashboard。

Mission_Control

 では、「Dashborad」を操作スペースとして表示」のチェックを外してみましょう。

Mission_Control

 すると、Mission Controlの画面からDashboardのサムネールが消えますね。

Mission_Control

 もちろん、サムネールが消えるだけではありません。この状態で「F12」キーもしくは「fn」+「F12」キーを押すと、その場でDashboard上のアプリを呼び出せるのです。すぐに計算したいときなどにかなり便利ですね。

Mission_Control

 MacBookシリーズを使っているユーザーは、トラックパッドの誤操作でDashboard画面に切り替わってしまったという経験があるはずです。スワイプですぐに戻せるものの、ちょっとイラっとしますよね。これもチェックボックスを外すことで解決。スワイプの誤操作で切り替わらなります。

Mission_Control

 次に、Finderで複数のウィンドウを開いた状態で「Mission Control」を呼び出してみましょう。すると、Finderウィンドウがひとつにまとめられて縮小表示されます。

Mission_Control

 では、「ウィンドウをアプリケーションごとにグループ化」のチェックを外してみましょう。

Mission_Control

 すると、ウィンドウはすべて独立してサムネール表示されます。ウィンドウを数多く開いている場合はこちらのほうが、特定のウィンドウが選びやすいですね。

 さて、MacPeople 12月号は、OS X Mavericksだけでなんと150ページ超もの特集記事を気合いだけで作り上げました。とにかく、MacPeople編集部が全身全霊をかけて制作した渾身の1冊です。これさえ買えば、Mavericksを乗りこなせるはずです。

12月号はMavericks超特大号
MacPeople12月号
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking