2013年09月26日11時05分

HDD内蔵でPCからハイレゾ音源を自動転送 DSD対応プレーヤー『HAP-S1』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソニーからハイレゾ対応のHDD内蔵オーディオプレーヤーやUSB DAC、スピーカーが発表されました。

HAP-S1
予想実売価格 8万円前後(10月26日発売予定)

ソニーハイレゾオーディオプレーヤー

 4.3インチのフルカラー液晶を搭載。ギガビットLANとIEEE802.11b/g/nに対応し、付属ソフトでPCから内蔵HDD 500GBへの音楽ファイルの自動転送が可能。最大出力は40W+40Wで、対応フォーマットはDSDIFF(DSD)、DSF、MP3、WAV、WMA、AAC、FLAC、ALAC、ATRAC(Non DRM)、AIFF。
 またAndroid、iOS用のアプリ『HDD Audio Remote』から、内蔵HDD内の曲をブラウジングしたり、再生などの操作が可能です。

ソニーハイレゾオーディオプレーヤー



UDA-1
予想実売価格 5万円前後(10月12日発売予定)

ソニーハイレゾオーディオプレーヤー

 DSD対応のUSB DACも発表。23W+23W出力で、ハイレゾ音源としてはPCM(44.1k/48k/88.2k/176.4k/192kHz、16/24/32bit)とDSD(2.8/5.6MHz)に対応。これまで192kHzまでは『MediaGo』でも再生できましたが、Windows/Mac対応の『ハイレゾオーディオプレーヤー』を用意したとのこと。


 そのほか、HAP-S1やUDA-1を接続することを想定した、スピーカーHAシリーズを2機種も発売されます。

SS-HA1
予想実売価格 7万円前後(10月26日発売予定)

ソニーハイレゾオーディオプレーヤー


SS-HA3
予想実売価格 4万円前後(10月12日発売予定)

ソニーハイレゾオーディオプレーヤー

●関連サイト
ソニー

17:30更新 初出時SS-HA1の製品画像がブラックでしたが、シルバーモデルのみ発売されます。お詫びして訂正いたします。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking