2012年10月11日16時00分

iPhone 5をレンズ交換式カメラに変身させるジャケットを試した

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhone 4/4Sにコンバーターレンズを付けたりリボルバー式でワイドレンズなどを切り替えできる、香港Turtlebackが発売する『TurtleJacket』。iPhone 5の発売に合わせ、対応製品が登場したってことで、さっそく香港の同社事務所に製品を見てきました。ちなみにiPhone 4用製品の過去記事はこちら。

iPhone4デジカメ化ジャケットはスグレモノだ!
コンデジ不要!? iPhone4を3レンズ搭載カメラに大進化させる『TurtleJacket』

iPhone5の見た目がここまで変わるTurtleJacket
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 TurtleJacketは直訳すれば“カメのジャケット”。iPhoneの背面に装着するジャケットなのですが、カメラ部分に合わせてレンズを装着可能なマウントが取り付けられており、ここに市販のコンバーターレンズを付けることができる製品です。まずは発売されたばかりの『TurtleJacket for iPhone 5』を見てみましょ。

取り付けはワンタッチの『TurtleJacket for iPhone 5』
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 『TurtleJacket for iPhone 5』の使い方は簡単。写真ではすでに0.7倍の広角レンズが付いていますが、この部分は37ミリネジなので市販のコンバーターレンズなどを装着できます。iPhone 5本体は底面側から入れ、グリップ形状の押さえをはめてネジを回して固定するだけ。

握りやすさと装着のしやすさを兼ね揃えたグリップ
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 このグリップ部分は、従来のiPhone 4/4S対応品ではコインを使ってネジ止めする必要がありましたが、『TurtleJacket for iPhone 5』では指先で回すだけと使いやすくなりました。写真撮影時に本体を横向きにして持つ際にもホールド感がよくなります。

アップルロゴが見えるデザイン
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 また背面が大きく開口しているのでアップルのロゴが見えるのもナイス。これはデザインだけではなく、本体の軽量化も実現できたという一石二鳥の設計。こうして使えば「え? これiPhone5なの?」と街中で目立つこと間違いありません。

本命はこの“5つ眼”バージョンだ!
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 しかしもっと目立っちゃいそうなのがこちらの製品。iPhone 4/4S用には『TurtleJacket TE (TriEye)』という、小さいレンズを3つ装着可能なリボルバー式ジャケットがありましたが、こちらのiPhone 5用はレンズが4つ! iPhoneのカメラを直接使う部分の穴を含めると、なんと5ヵ所に穴が開いているというど派手な構造をしています。

リボルバーユニットは取り外しも可能
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 この4つのレンズが装着されたリボルバーユニットは、普段は取り外しておくことも可能です。さすがに平日昼間に仕事でiPhone 5を使っているときなどは、レンズ部分ははずしておいたほうがいいのかもしれませんね。でも付けたままのほうがむしろ目立って話題になり、それで仕事がはかどる、……なんてこともあるかも?

小レンズはTurtleBack社が提供中
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 リボルバーユニットに装着されている小レンズは15ミリ径で、TurtleBack社自ら製造しているもの。レンズの種類は右側から反時計周りに、0.33倍のミニ魚眼、1.5倍の望遠、0.7倍の広角、そしてマクロレンズとなっています。これだけあればあらゆる撮影シーンをカバーできそう。

1.5倍でも結構寄れる望遠レンズ
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 ではさっそく撮影テスト。まずはレンズなしの標準状態と、望遠レンズの比較から。1.5倍とは言えちゃんと引き寄せて拡大撮影されますね。なお四隅に若干のケラレが出ますのでその部分は撮影後トリミングするとよいでしょう(本撮影例もトリミング済み)。

広角と魚眼でさらに奥行きを!
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 そして広角ではかなり引いた写真を撮影できます。室内撮影には効果も大きそう。そして魚眼レンズではiPhoneとは思えない撮影結果を得ることができます。デジカメ用の魚眼レンズってなかなか買えるものでもありませんが、iPhoneでこんな手軽に撮影できるならこれはぜひ入手したいかも。

マクロではここまで寄れる
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 最後にマクロレンズ。これは数センチまで近寄れるために小物撮影やクローズアップ用途に適しています。『TurtleJacket for iPhone 5』は金属ボディーのため、リボルバー部分もしっかり固定でき、ぐらつきませんから、マクロ撮影中にレンズが動いてしまうなんてこともありません。これまた面白い写真をいろいろと撮影できそう。

もちろんiPhoneとしてそのまま使える
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 iPhone 5のディスプレー側はもちろん大きく開いているのでそのまま使うことが可能。側面や上部のボタンも操作できます。この“5つ眼”バージョンは、今回撮影したのは試作品で現在製品化に向けて最終調整中とのこと。ぜひとも早く商品化してほしいものです。

iPhoneのカメラを楽しくするTurtleback社に期待!
iPhone 5に対応したカメラジャケット登場

 コンデジいらずと言えるほど高性能なiPhoneのカメラ機能を手軽にパワーアップできるTurtlebackの製品群。高級感あるジャケットの質感は、たとえ付属のレンズを使わずとも、iPhoneに装着しているだけで高い満足感を得られます。

 iPhone 4/4SからiPhone 5に乗り換えた人は、iPhone 4/4S対応品を買ってそちらを“カメラiPhone”にしちゃうのもいいかもしれません。今後もまだまだ新製品を考えているらしいので楽しみにしたいものです。

香港Turtleback(外部サイト)

山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking