2011年09月28日20時16分

NEC米沢工場に潜入、Android搭載『モバイルギアX』を発見!!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NEC米沢工場で行なわれたマスコミ向け見学会。そこで、技術紹介がなされたが、一番の注目は開発名『MGX』。

『MGX』
●発売は未定
●価格も未定

NEC_MGX
↑開発コード『MGX』。NECでMGといえばモバギしか思い出せない。
MGX SPEC
OS  Andoroid 2.2
厚さ  約9.9mm
サイズ  215(W)×10.9(D)×9.9(H)mm
バッテリー駆動時間  約10時間
キーボード  V字ギアリング(1mmストローク)、非変則配列
液晶  7インチ有機EL
解像度  1024×600ドット

 

 と、これは新製品ではなく、最新技術をギュッと構築するためのプロトタイプ。だが、このサイズ感で、MGといえば『モバイルギア』。

・品質と薄さの両立
・革新的な要素技術
・付加価値技術

をテーマに、最新技術をもりもり、盛り込んだ製品。
 

NEC_MGX
↑手に持ったところ。キーボードは結構うちやすい。

 液晶部分も全面のガラスと背面の間に、緩衝材を使うことなく、薄さをキープしたまま、剛性を高めている。通信もHSUPAと無線LANを備え、液晶はタッチパネル。そして、ヒンジ部分にはマグネシウムの削り出し、という職人技も投入した逸品。

NEC_MGX NEC_MGX
↑360度まわせる2軸ヒンジ。スペックには“サバ折り”と書いてあった。 ↑カバー付きのキーボードを横から撮ったふうだが、カバーに見えるのが液晶。「電車の中で使いやすいかと」とはNEC商品開発部の小野寺さん。

 世に出ることはない、とのことで幻の製品だが、これらの技術を生かした新製品の登場に期待しよう!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking