週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

レギュラー化してほしい

門外不出のスープが自慢の「神座」に「牛すき月見」が登場! コク旨な絶品の組み合わせを楽しめるのは今だけ

2022年10月06日 17時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ラーメンをおなかいっぱい食べたいけど、ガッツリと重すぎるのは控えておきたいし、できれば野菜も食べたい! そんな気分の時って、男性にも女性もあるのではないでしょうか。わたしがそんな時に吸い込まれてしまうのは「どうとんぼり神座(かむくら)」です。

どうとんぼり神座の「月見」とは?

 大阪・奈良・東京に店舗があるラーメンレストラン「どうとんぼり神座」は、創業者がフレンチレストランのオーナーシェフをつとめていたことから、ラーメンにフレンチの技巧が取り入れられていることでも知られていますね。

 看板商品である「おいしいラーメン」は、たっぷり入った白菜と、あっさりしながらも素材の旨みがきいたコクのある醤油スープが特徴で、ボリューミーなのに罪悪感なくペロッと食べきれてしまいます(個人的な感想です)!

 そんな神座が「月見」メニューに参入するというので、気になってお店へ行ってきました。訪れたのは神座の新宿店。新宿歌舞伎町のセントラルロードから脇に入ったところにある清潔感のある店舗で、個人的にもゴールデン街で飲んだあとに寄る、見慣れた店舗でもあります。

「牛すき月見ラーメン」990円~1100円(店舗によって異なる)

 神座の月見メニューはこちら。「牛すき月見ラーメン」です。

 “すき焼き”風味を採用し、牛すきと卵黄をいつもの神蔵のラーメンにトッピング。卵黄をときほぐすとまろやかに。味変も楽しめる一杯に仕上がっているとのこと。

 価格は店舗によって異なり990円~1100円。プラス250円で肉2倍へ増量も可能。

神座のスープって「すき焼き」に似ている?

 さて、神座の月見は、牛すきと卵黄の組み合わせでした。

こんなにボリューミー

 最近は秋になると、ハンバーガーチェーンを中心に「月見」商品が怒涛の勢いで出てきますよね。今年はマクドナルドが「こく旨 すき焼き月見」を出したので、そのあたりにのっかったのかな?

 ……と思いきや、神座の広報さんによると「牛すき月見ラーメンは開発に3ヵ月、構想にはそれ以上かけています」とのこと。かなり前の段階で「月見」ですき焼き味のメニューは考えてたそうで、これは失礼しました!

牛すき×卵黄の組み合わせは初

 開発の背景をお聞きしたところ、「月見」は数年前にも発売したことがあり、今回は「月見」×「すき焼き」の組み合わせが初めて。お客さんから「神座のラーメンはすき焼きに似ている」といった声をたまに聞くことから、「すき焼き」に注目したそうです。

 なお、神座では、期間限定のものを含めて商品はすべて、社長自らが開発の指揮をとり、厳しく味のチェックを行なっています。今回の牛すき月見ラーメンでは、神座のスープに合う牛すきの味をつくるために、試行錯誤を繰り返し、そこにかなりの時間を要したとか。例えば、隠し味としてわずかにコチュジャンを加えるなど非常に細かくつくり込んでいるわけです。

 それにしても、ラーメンに卵黄がのっていると、せっかくの神座のスープが、味も変わっちゃうのでは?

 広報さんはニヤリ。「そう思うでしょう? これがうまくできてます。食べてみるとわかりますよ」

なるほど! 神座×牛すきは納得感ある組み合わせ!!

いただきます

 自信満々なコメントに、たまらずといただいてみました。

 実際に食べてみると、野菜の甘みを感じる神座のスープに醤油ベースで甘辛く味付けされた牛すきが、文句なしに合うーー! なるほど、神座のスープはコクがあって、言われてみるとすき焼きと共通する雰囲気があります。白菜もたくさん入ってますしね。

 最初はスープを飲んで、牛すきもそのまま楽しんでみました。次に卵黄もいってみます。

 卵黄は牛すきに絡めるようにして、といていきます。

トロ~

 へえ! 牛すきがまろやかになって、さらにスープとの一体感が増した気がする!

相性がいい組み合わせ

 意外なことに、神座のスープは、卵黄を加えても味がブレずに非常にしっくりきます。もちろん牛すきの旨みが加わっているから、というのもあるでしょうし、とにかくとてもよく合うんです。

定番化してほしい!

やっぱりニラも入れたい

 神座といったらお楽しみは卓上のニラ。この牛すき月見ラーメンにも、たくさん加えちゃいましょう。辛みが欲しい人は辛味調味料や、ニンニクなどもアクセントとして加えていいと思います。

シェフも自信満々

 関東を中心に神座の店頭に立つ江口シェフも「神座のよいところはトッピングで自分好みの楽しみ方ができるところ」と言っていました。

 お肉も野菜もたっぷり入った「牛すき月見ラーメン」は、ボリュームたっぷりだけど、もたれることなくペロリと食べきれました。肉は太らないし(個人的な見解)、罪悪感もありません!!

 発見としては、神座のラーメンと「牛すき」が必然的とも感じる相性のよさ。これ、期間限定といわず定番メニュー化してもいいのではないでしょうか。そんな風に思えるくらい感心する完成度でした。

 ここで心の句

~願わくは月見ラーメン定番化 ナベコ~

 そんな牛すき月見ラーメンを食べられるのは10月1日からおよそ3ヵ月。ぜひ店舗に足を運んでみては。お酒を飲んだ〆にもいいですよね。

※記事中の価格は消費税込み

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう