週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

OpenとTrustは不確実な時代だからこそ価値が増す、NEC

2022年10月03日 10時00分更新

今回の言葉

「OpenとTrustは、普遍的であり、重要なキーワードである。だが、不確実性が高まるいまの時代だからこそ、OpenとTrustが持つ、真の意味を見つめなおす必要がある」

(NECの森田隆之社長兼CEO)

Truly Open, Truly Trusted

 NECの森田隆之社長兼CEOが、最近よく口にする言葉が、「Truly Open, Truly Trusted」である。

 2022年6月から、森田社長兼CEOが社内外に向けて、「CEOメッセージ」として発信しており、先ごろ、開催したNECグループ最大のオンラインイベント「NEC Visionary Week 2022」では、この言葉を開催テーマに掲げるとともに、森田社長兼CEOの基調講演のタイトルにも使った。そして、森田社長兼CEOは、この言葉の意味や狙いについて、同社のイベントにおいては初めて言及。ここにきて、NECが開催する記者会見でも、この言葉と紐づけて事業戦略を説明することが増えた。

 では、「Truly Open, Truly Trusted」にはどんな意味が込められているのだろうか。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう