週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「1円」販売は続く?

iPhone値上げ 高コスパAndroidにチャンスはあるか

2022年07月25日 09時00分更新

高コスパAndroidにチャンスは来たか

 スマホの選択肢はiPhoneだけではありません。iPhoneの値上げをきっかけに、高コスパAndroidスマホにチャンスが来たといえるのでしょうか。

 最近ではOPPOの「Reno7 A」、Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」など、一括で気軽に買える4万円台で、性能のバランスにも優れた製品が続々と投入されています。

 とはいえ、iPhoneからAndroidへの乗り換えにはさまざまなハードルがあります。その上、一世代前のiPhoneを1円で買える方法があるとなれば、対抗するのは困難です。

 その中で興味深いのはグーグルの動きです。7月21日に予約が始まった「Pixel 6a」は、ハイエンドのPixel 6シリーズと同じTensorチップを搭載しつつ、直販価格で税込5万3900円を実現しています。

グーグルの「Pixel 6a」

 手頃な価格でハイエンドと同じチップという点では、第3世代iPhone SEと似ています。しかしグーグルは前モデルから大きな値上げはしておらず、最近の円安傾向を考えるとオトクに感じます。

 iPhoneの値上げをきっかけにAndroidへの乗り換えを実行する人がどれくらい出てくるか、今後のスマホ市場の注目ポイントになりそうです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう