週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

真のゲーミング最強CPU決定戦!! Ryzen 7 5800X3D対Core i9-12900Kを40本のゲームで検証(GeForce編)

2022年08月02日 11時00分更新

 AMDは「Ryzen 7 5800X3D」を「世界最速のゲーミングプロセッサー」であると謳っている。Ryzen 7 5800X3DのCPUコア数は8基と控えめ、かつ動作クロックもRyzen 7 5800Xに比べて低く抑えられているが、3D V-Cache技術を採用することでL3キャッシュを96MBに増やした製品だ。

AMD「Ryzen 7 5800X3D」

 本稿は新旧ゲーム40本のベンチマークを通じRyzen 7 5800X3DとCore i9-12900Kはどちらが速いか? というテーマに迫る。既に公開されている「40本のゲームで検証!Ryzen 7 5800X3D対Core i9-12900K真のゲーミング最強CPU決定戦(Radeon編) 」では、AMD/インテル両プラットフォームにRadeon RX 6800を組み込んだシステムで検証を行ない、コア数に劣るRyzen 7 5800X3Dがコア数やクロックで優位に立つCore i9-12900Kをフレームレートにおいて上回るという結果が多数観測された。

 今回は同じ検証をGeForce RTX 3080を組み込んだシステムで行なう。Radeonとは異なる内部構造・仕様を持つGeForceではCPUの使われ方が変わって当然である。ここも検証しないことには「世界最速のゲーミングプロセッサー」というAMDの謳い文句が本当かどうか検証できない。

 今回も次のページからフレームレートを比較するグラフが延々と続く。とりあえずRyzen 7 5800X3D対Core i9-12900Kの勝敗だけ知りたい方はこのページ下の検証環境だけ目を通したあと最後のページに飛ぶとよいだろう。気になるゲームの結果だけ見たいという人は、下のリンクから個々のページへ飛ぶと良い。ゲーム名は全て英語表記がベースになっている。

●ゲーム名別リンク

Anno 1800/ Apex Legends/ ARK: Survival Evolved/ Assassin’s Creed Valhalla/ Back 4 Blood/ BIOHAZARD RE:2/ BIOHAZARD VILLAGE/ Borderlands 3

Control/ Counter-Strike: Global Offensive/ Cyberpunk 2077/ Days Gone/ DIRT 5/ F1 2021/ Far Cry 6/ ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレ(Final Fantasy XIV: ENDWALKER)

Forza Horizon 5/ Tom Clancy's Ghost Recon Breakpoint/ Ghostwire: Tokyo/ God of War/ Grand Theft Auto V/ Halo Infinite/ HITMAN 3/ Horizon Zero Dawn

Metro Exodus Enhanced Edition/ MONSTER HUNTER RISE/ MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE/ Mount & Blade II: Bannerlord/ Overwatch/ PSO2:NGS/ Red Dead Redemption 2/ Shadow of the Tomb Raider

Sid Meier's Civilization VI: Gathering Storm/ Tom Clancy's The Division 2/ Tom Clancy's Rainbow Six Extraction/ Tom Clancy's Rainbow Six Siege/ Tiny Tina’s Wonderlands/ VALORANT/ Watch Dogs: Legion/ Witcher 3: Wild Hunt

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう