週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

パソコンショップSEVENのCOSMOS C700Mを採用した2機種を借りたら、勝手に対決が始まった……

ジサトライッペイ&ハッチのインテルVSAMD論争勃発! Core i9-12900K/Ryzen 9 5950X搭載のハイエンドPCはどっちがスゴイ?

2021年12月30日 11時00分更新

パソコンショップSEVENのCore i9-12900Kを搭載する「ZEFT G29ZT」と、Ryzen 9 5950Xを搭載する「ZEFT R35ZG」が編集部に届いた

 2020年11月、AMDはZen 3アーキテクチャーを採用した「Ryzen 5000シリーズ」を発売。このRyzen 5000シリーズは、コア数の多さとパフォーマンスの高さ、それに価格も抑えられていたことから、自作PC市場にRyzenの風が吹いたことは記憶に新しい。

 負けじとインテルも、2021年11月に開発コードネーム「Alder Lake」と呼ばれていた「第12世代Coreプロセッサー」を発売。この第12世代Coreプロセッサーは、発売して間もないが、Ryzen 5000シリーズといい勝負、またはそれ以上の性能を備えているとして、自作PC市場で飛ぶ鳥を落とす勢いをみせている。まさに両雄が並び立った状況だが、こうなってくるとどちらのCPUを選択するのが得策か、頭を悩ます人も多いのではないだろうか。

 そんな折、パソコンショップSEVENを運営するセブンアールジャパンから、2台のゲーミング向けデスクトップパソコンが登場した。1台はCPUに「Core i9-12900K」(以下、i9-12900K)を搭載したモデル「ZEFT G29ZT」で、もう1台は「Ryzen 9 5950X」採用の「ZEFT R35ZG」だ。

 しかも、ユニークなのは、ZEFT G29ZTとZEFT R35ZGで、ほぼ仕様が揃っている点。つまり、どちらのCPUを使いたいかで、モデルを選ぶことができるようになっているわけだ。

 さっそくZEFT G29ZTとZEFT R35ZGの試用機が届いたわけだが、どこからかそれを聞きつけたジサトライッペイ(インテル担当)とジサトラハッチ(AMD担当)が担当編集のもとに現れ、「ZEFT G29ZTとZEFT R35ZGが届いたらしいじゃないか」と詰め寄ってきた。最初は両製品をまじまじと眺めていた2人だが、ジサトライッペイの「2021年はやっぱりインテル第12世代Coreプロセッサーの年でしたな」という一言で、ジサトラハッチの表情が変わった。

 「いやいや、Ryzen 5000シリーズも忘れてもらっては困りますな。まだまだ人気ですよ」と対抗。担当編集そっちのけで、バチバチの言い合いが始まってしまった……。そこで、面白そうなので2人の言い分を聞いてみることにした。

突然、ジサトライッペイとジサトラハッチの言い争いが始まった

試用機の主なスペック
機種名 ZEFT G29ZT ZEFT R35ZG
CPU Core i9-12900K(定格クロック3.2GHz~最大クロック5.2GHz)、16コア/24スレッド Ryzen 9 5950X(定格クロック3.4GHz、最大クロック4.9GHz)、16コア/32スレッド
CPUクーラー Cooler Master MasterLiquid ML360P Silver Edition
グラフィックス ASUS ROG-STRIX-RTX3080TI-O12G-GAMING(GeForce RTX 3080 Ti)
PCケース Cooler Master COSMOS C700M
マザーボード ASUS ROG STRIX Z690-F GAMING WIFI(Intel Z690チップセット) ASUS ROG STRIX X570-E GAMING(AMD X570チップセット)
メモリー DDR5-4400 32GB(16GB×2)、スロット数4のうち2スロット使用
ストレージ 1TB M.2 SSD(Western Digital WD Black SN850、PCIe 4.0)
内蔵ドライブ ブルーレイ・DVDスーパーマルチドライブ LG BH16NS58
通信規格 2.5GbE、Wi-Fi 6/Bluetooth 5.0対応
電源ユニット Cooler Master V1000 Platinum(定格出力1000W、80PLUS PLATINUM認証)
OS Windows 11 Home(64bit)
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう