週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

デリバリー専門店「江戸前 海幸」を試してみた

「醤油をかけない海鮮丼」ってどうなの? デリバリーならではの出汁ジュレ海鮮丼

2021年11月17日 10時30分更新

 こんにちは、おいしいお酒とおいしいごはんがだいすきな胃下垂ライター"やまお"こと山口真央です。

 私はお肉も大好きですが、お魚はもっと好き、さらに言うならお寿司・お刺身が大好き。なのですが……、海鮮丼ってなんとなくデリバリーに抵抗があったんです。

 というのも、海鮮丼のぬるーい酢飯の上に置かれたお刺身たちが、デリバリー中にどんどんぬるく(!)なってしまい、なんならほかほかになって届く……ということがよくあったから。「キンキンに凍らせたような刺身がいい!」なんてことはいいませんが、できれば温まってしまったネタは避けたい。

 そんなことを考えつつ、Uber Eatsをスクロールしているとなにやら気になるお店が。なになに……?「醤油をかけない海鮮丼」……?

 ぬるーいネタ(だったとしたら)醤油をかけないってなおさら大丈夫? とか想像しながら「醤油をかけない海鮮丼」という新しい響きに惹かれて、なかば恐る恐るデリバリーしてみました。結果、最高だったので見ていってほしい……!

デリバリーのために考えられた「醤油をかけない海鮮丼」

 今回お願いした「江戸前 海幸」さんは、デリバリー専門の海鮮重のお店。東京・中目黒エリアを中心に、各種デリバリーサービスで注文できます。「醤油をかけない」という食べ方はデリバリーのために考えられたそうで、ネタには出汁ジュレがたっぷり絡まっており、だしで炊いたすし飯と一緒にいただくことで醤油にも勝るおいしい海鮮重が味わえるということなんです。

「生サーモンと9種の海幸宝石重」Uber Eatsでの商品代は2300円

 お願いしたのは「生サーモンと9種の海幸宝石重」。届いたのはごはん、ネタ、わさび、お味噌汁。あと気持ち程度のお醤油も(かけたくなった人への親切設計でしょうか)。店主さんからのお手紙も入っていました! デリバリーでこういうお手紙をいただくと、ちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

ネタがセパレート

 お寿司のネタは筒状のケースに入って届きます。店主さんからのお手紙通り、ノルウェー産の生サーモンがどっさり! このほか、いくら、ねぎとろ、数の子、とびこ、生ほたて、生エビ、いか、つぶ貝、ほっき貝が入っています。

きれいです

 ふたを開けてみると、ジュレがたーっぷり! これが醤油をかけなくてもおいしく食べれる秘密「出汁ジュレ」です。一口なめてみたのですが、昆布のようなやわらかな風味のジュレです。かといって物足りなさは感じず、「ちょうどいい」ジュレに仕上がっていました。

すし飯の上にごろっと

 そしてこのジュレを、ごはんの上にあけるんです……! どうですかこの宝石箱っぷり!

宝石箱やあ!

 「海幸宝石重」の名は伊達ではありません。ごはんと一緒に食べるネタとジュレは舌ざわりよく、さらにネタが温まっていないのがうれしい。数の子やいくらなど、プチプチとした食感も楽しめました。

リピートは間違いなし

 サーモンはとろっとろ! 醤油なしでいただくと、よりその味がわかります。さらにジュレはお醤油ほど味が強くないので、ネタの味を邪魔しないのがよりよい! 醤油をかけない海鮮重、ちょっとクセになりそう……。リピート決定です!

ネタが「別のせ」で温まっちゃう心配ないのがいい!

 実際に味わってみて「醤油をかけない」という珍しい食べ方はもちろんですが、私としてはやっぱり“ネタが温まらない海鮮丼”という点が一番うれしいメリットでした。出汁ジュレの海鮮丼は新感覚でやみつきになりそうですよ。

 今回お願いした「生サーモンと9種の海幸宝石重」は2300円。このほか、2000円台から6000円台まで、さまざまなお重が用意されていました。ちなみに江戸前 海幸さんの営業は夜がメイン。日本酒をひっかけながら、素敵な宝石箱を楽しんでほしいです!

※「Uber Eats」での注文の場合、基本的に商品代とは別途、配送手数料(50円~)と、10%のサービス手数料がかかります。また、700円未満の注文の場合は別途150円がかかります。ただし、店舗によって条件が異なる場合があります。

■関連サイト

山口真央(やまお)

 北関東出身・都内在住のライター/編集者。音楽と本と野球とお酒、深夜ラジオがだいすきです。
Twitter:@kmiycan

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう