週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

プレミアムセダン・レクサス「IS」に見る無個性という名の個性

2021年09月18日 12時00分更新

レクサス/IS300h(600万円)

 日本では2005年から展開を開始した高級ブランド「レクサス」。街に出れば同ブランドのSUVを目にしない日はありません。ですが、レクサスの神髄はセダンだと感じています。今回、2度目のマイナーチェンジをはたしたISのハイブリッドモデルに触れて魅力をお伝えしたいと思います。

プレミアムセダン・レクサス「IS」って
どんな車?

 レクサスISは、Dセグメントに属するブランドを代表するプレミアムセダン。ライバルは、BMW3シリーズとメルセデス・ベンツのCクラス、アウディA4といった世界で高い評価を得ているモデル群です。ISという車名は、インテリジェント・スポーツ・セダンの「Intelligent Sport」の頭文字をとったもの。

レクサス300hのフロントマスク

レクサス300hのサイドビュー

レクサス300hのリアビュー

 現行型の3代目がデビューしたのは、2013年5月にまで遡り、当時のプレスリリースによると「“走る楽しさ”を極めたLEXUSスポーツセダン」と銘打たれていました。このスポーツ性が、ライバルとは異なる要素として独自の存在感としているようです。

新しい意匠のフロントグリルとヘッドライト

IS300hのパワーユニット

 ラインアップは3.5Lガソリンエンジン車の「IS350」のほか、2.0Lターボモデルの「IS300」、そして2.5Lハイブリッドモデルの「IS300h」の3モデル。今回のマイナーチェンジでは、スピンドルグリルはグリルの先端を起点に立体的な多面体構造とし、スピンドルをモチーフとしたブロック形状とメッシュパターンを組み合わせた新意匠に変更。ヘッドランプはランプユニットの小型軽量化に伴って薄型化され、シャープな印象をさらに強めました。さらに、前後のフェンダーを張り出してワイドトレッド化を達成。全長と全幅で各30mmずつ、全高で5mmそれぞれ拡大されました。単なるマイナーチェンジという枠ではおさまらない印象を受けます。

ハイブリッドモデルにはサイドスカートにハイブリッドの文字が入る

 今回試乗したのはラインアップの中でも、最も人気が高いと思われるハイブリッドモデルのIS300h。アクセル開度に対するエンジンとモーターの駆動力制御が変更されています。エンジンの最高出力178PS/6000rpm、最大トルク22.5kgf・m/4200~4800rpm。これに最高出力143PS/30.6kgf・mのモーター出力が加わります。ちなみにIS350とIS300がハイオク専用であるのに対し、IS300hはレギュラーガソリン対応車。ハイブリッドシステムと相まって、シリーズの中では経済的なモデルであるといえるでしょう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう