週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

生まれ変わったiPad mini、パフォーマンスと機能の密度ではアップル製品随一

2021年09月16日 09時00分更新

パフォーマンスと機能の密度ではアップル製品随一

 このような言い方はフェアではないかもしれないが、パフォーマンスや機能、そして端末を使いこなすことの幸福度(?)に比べ、極端に本体サイズが小さく薄いiPad miniは、パフォーマンスと機能の密度がアップル製品の中でも圧倒的なナンバーワンだと思う。

 iPad ProにあってiPad miniにないのは、4つのスピーカーを切り替えることで縦画面でもステレオ音声を聴けること。4つスピーカーを駆使して空間オーディオの再生品位を高めていることぐらいだろうか。

 他にも搭載メモリ容量の違いなども詳細に調べればあるだろうが、一方でiPad Airで高評価だったTouchID対応ボタンの方が、Face IDよりも好みという人も少なくないだろう。

 もちろん、カメラというスマートフォンの中でも最も利用頻度が高いコンポーネントが大幅刷新しただけにiPhone、特にProシリーズは主役だが、もう少し肩の力を抜いて俯瞰するとiPad miniの良さを感じるだろう。

 一時は新モデルがなかなか登場せず、廃番の噂すらあったiPad miniだが、第6世代でまさに“生まれ変わった”ようだ。

 

筆者紹介――本田雅一
 ジャーナリスト、コラムニスト。ネット社会、スマホなどテック製品のトレンドを分析、コラムを執筆するネット/デジタルトレンド分析家。ネットやテックデバイスの普及を背景にした、現代のさまざまな社会問題やトレンドについて、テクノロジ、ビジネス、コンシューマなど多様な視点から森羅万象さまざまなジャンルを分析する。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう