週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

iPhone 13/13 miniは新色ピンクに動作時間向上、センサーシフト式手ぶれ補正と強化点多数

2021年09月15日 06時00分更新

 アップルは14日(現地時間)、iPhone 13シリーズのスタンダードモデルとして「iPhone 13」「iPhone 13 mini」の2モデルをリリースした。予約受付は17日、発売は24日を予定している。

 5.4型/6.1型と画面サイズこそiPhone 12/12 miniから変わらないが、進化点は多数ある。まずは外観。ノッチ部が小型化されており、表示領域が拡大している。カメラ部も縦に2つ並んでいたレンズが斜めに配置されるようになった。特に広角レンズは大きく進化しており、画素サイズが1.7μmピクセルの大型センサーを採用するとともに、iPhone 12 Pro Maxにのみだったセンサーシフト式の光学手ぶれ補正機構まで搭載している。

 動画撮影の進化も発表会中で大きくアピールされた点。シネマティックモードでは、被写体の動きを予測して、自動でピントを合わせる対象を切り替えたり、深度情報を記録して、録画後に焦点位置の変更などが可能。また、静止画の撮影ではユーザーによる写真の色合いなどの変更を記録していき、自分の好みの編集を適用することができる。

 これらの処理を実現しているのが、最新チップのA15 Bionic。5nmプロセスで製造され、6コアCPU/4コアGPUを内蔵。CPUは競合製品よりも最大50%、GPUは最大30%高速としている。

 こうした進化にも関わらず、内部構造の再設計と省電力性能の見直しにより、バッテリー駆動時間が延びている点も特徴の1つ(ただし、iPhone 12/12 miniの7.4mmから7.65mmとわずかに厚くなっている)。ストリーミングでのビデオ再生時はiPhone 12/12 miniの最大11時間/10時間から、iPhone 13/13 miniでは最大15時間/13時間と大きく延びている。

 カラバリは(PRODUCT)RED、スターライト、ミッドナイト、ブルー、ピンク。ストレージは128/256/512GBと、iPhone 12の64/128/256GBから増量。特に128GBモデルは、iPhone 12の64GBモデルと米ドルベースでは同価格となっているのもうれしい点(日本円では昨年より円安傾向のため若干価格が上昇している)。

 日本での価格はiPhone 13 miniで128GBモデルが8万6800円、256GBモデルが9万8800円、512GBモデルが12万2800円。iPhone 13は128GBモデルが9万8800円、256GBモデルが11万800円、512GBモデルが13万4800円。

 なお、Face IDやLightning端子については、スペック表上の変更点は見られない。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう