週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

BDドライブが必須なアスキー編集者が、パイオニア「BDR-XD08MB-S」をオススメする理由

2021年09月17日 11時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

今回紹介するパイオニアの光学ドライブ「BDR-XD08MB-S」は、ベースモデルの「BDR-XD08BK/SV/GL」では非対応だったUltra HD Blu-ray(UHD BD)に対応。同社独自の機能PureReadが4+へと進化し、より正確な読み取りが可能となっている、私、ジサトラハッチが今最もオススメする1台だ

 最近は、光学ドライブが非搭載のパソコン(PC)が増えている。デスクトップPCはデザイン性を重視した場合、フロントに5インチベイを備えていないケースもある。一方、ノートPCは薄型・軽量になると光学ドライブを搭載するスペースがなく、結果非搭載になる。

筆者は仕事のメインPCとしてMicrosoftの「Surface Book 2」を使用しているが、タブレットにもなる2in1であることもあり、光学ドライブは非搭載。薄型・軽量でなくても、こういった特殊なPCだと光学ドライブを備えていない

 また、サブスクリプションサービスが増えたり、ゲームや音楽もオンラインで購入してダウンロードで済ませたりする人も増えている。

 では、光学ドライブが不必要かというと、そんなことはない。たとえば、ビジネスシーンでは、オンライン経由だと流出の不安があるということで、光学メディアにデータを書き込んで手渡すこともある。また、イベント限定CDやゲーム特典映像DVDなどといった特別感のあるアイテムとして光学メディアは未だに活用されている。

 PCメーカーに話を聞くと、今でもビジネスでPCを使う人の中には光学ドライブ搭載モデルを選ぶ人もいるという。ただし、筆者もそうだが、複数のPCやタブレットを使う人の場合は、使い回せる外付け光学ドライブを1台持っていれば事足りるだろう。

 そこで今回は、これさえ買っておけば間違いなしとオススメするパイオニアの光学ドライブ「BDR-XD08MB-S」の魅力と活法方法を、ご紹介していきたい。

「BDR-XD08MB-S」は、9月下旬発売予定の最新の光学ドライブ。色はツヤがなく、手触りの良いマットで落ち着いた黒のMOONLIGHT BLACK。国内メーカー「武蔵塗料社」の加水分解しないといわれるラバーコーティングを施している。市場想定価格は1万5000円前後

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう