週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PhotoshopやPremiere Proが快適動作、正確な色が再現できる高色域ディスプレーを採用

写真・動画編集入門にも! 薄型のスタイリッシュボディーに第11世代Core&GTX 1650 Ti搭載のクリエイター向け高コスパ14型ノートPC「DAVI 4N」

2021年06月30日 11時00分更新

「DAIV 4N」

 マウスコンピューターから展開されている、クリエイター向けブランド「DAIV」シリーズで人気の14型ノートパソコン「DAIV 4N」がモデルチェンジした。携帯性に優れた薄型軽量ボディーはそのままに、CPUとGPUが大幅にパワーアップしている。

 最近のモバイルノートパソコンは、狭額ベゼルデザインが一般化したこともあり、少し前まで主流だった13型とほぼ同じフットプリントでも、ワンサイズ大きなディスプレーを採用した14型が増えてきている。14型くらいの大きさがあれば、かなり実用的な作業も可能なこともあり、13型が主流だった頃と比べても、より性能を求めている傾向にある。

 これは、CPUやGPUといった基幹パーツは年々性能が上がりつつも、低消費電力化も並行して進み、コンパクトながら性能も向上したマシンが登場してきているのも理由の1つだろう。

 前モデルの「DAIV 4N」では「Core i7-10510U」と「GeForce MX250」が搭載されており、携帯性は高かったものの、ガッツリクリエイティブ用途として使うにはちょっと物足りない構成だった(もちろん、通常の仕事やちょっとした写真・動画編集であれば快適だったのだが)。しかし、今回のモデルチェンジでは、CPUが「Core i7-1165G7」、GPUが「GeForce GTX 1650 Ti」(以下、GTX 1650 Ti)に変更されており、実用性が向上し本格的な作業も行なえそうな性能にパワーアップしている。

第11世代のモバイル向けプロセッサーを採用

CPU内蔵GPUはインテル Iris Xe グラフィックス

ディスクリードGPUはGTX 1650 Tiを搭載

 また、標準モデルではメモリーがデュアルチャネル動作の16GB、ストレージにはNVMe接続の512GB SSDが搭載されている。また、メモリーがデュアルチャネルで動作するので、CPU内蔵グラフィックスは「インテル Iris Xe グラフィックス」(以下、Iris Xe グラフィックス)が採用されている。

 「Iris Xe グラフィックス」は「Xe-LPアーキテクチャ」に基づいて設計されており、「ディープ・リンク・テクノロジー」によりCPU内蔵グラフィックとディスクリートGPUを効率よく動作させることが可能になっている。アプリケーション側の対応の問題もあるが、AIによる処理の割当やエンコード処理の大幅な性能アップが期待できる機能だ。

 CPUが「Tiger Lake」ということでPCIe Gen4に対応しているが、標準モデルのSSDはPCIe Gen3での接続になっている。BTOではGen4接続のSSDに変更することもできるので、パワーアップしたい場合には選ぶことをオススメする。なおメモリーも標準では16GBだが、最大で64GB(32GBx2デュアルチャネル動作)まで選択可能なので、こちらも用途に合わせて選ぶといいだろう。

メモリーは最大64GB、ストレージは2TBのGen4接続も選択できる。前モデルではM.2接続のセカンドストレージが追加できたが、新モデルはディスクリートGPUを採用したためか、スペースがないようだ

 Core i7-1165G7とGTX 1650 Tiを組み合わせ、16GBメモリーにNVMe接続の512GB SSDと、標準構成のままでも十分に運用できる構成で、15万9280円とかなりコストパフォーマンスも高い。あまり重い処理をしないなら十分にメインマシンとして活躍でき、外出時にもパフォーマンスを落とさずに作業したいと考えているクリエイターなら気になるのではないだろうか。

 今回試用機を試せたので、どれくらいの処理能力があるのかを検証してみよう。

試用機の主なスペック
機種名 DAIV 4N
CPU Core i7-1165G7(最大4.7GHz)、4コア/8スレッド
グラフィックス GeForce GTX 1650 Ti、インテル Iris Xe グラフィックス
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 14型(1920×1080ドット)、NTSC比72%
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1 Type-C、Thunderbolt 4(ディスプレー出力と共用)、USB 3.0×2、HDMI、有線LAN端子、ヘッドフォン出力/ヘッドセット端子、SDカードリーダー(UHS-I対応)
サイズ/重量 およそ幅323.9×奥行225×高さ19.2mm/約1.43kg
OS Windows 10 Home(64bit)
この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう