週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

正確な音の再現のための卵型、イクリプス「TD307MK3」で聴く「YOASOBI/THE BOOK」

2021年05月17日 17時00分更新

優れた音場感、立体的なステレオイメージを求めるならば、理想のスピーカー

 ステレオ再生の音場感というのは、オーディオ機器での音楽再生での魅力のひとつだが、サラウンドやマルチチャンネル再生が普及している今はスピーカーとスピーカーの間に平面的に音が配置されるような感じと思われがちだ。しかし、ステレオ音声だって登場初期は立体音響と呼ばれていたし、しっかりとしたシステムならば2本のスピーカーでの立体的なステージの描写はできる。TD307MK3はそのあたりがよくわかるスピーカーだと思う。サラウンド再生も実践している筆者が言ってしまうのは少々問題があるが、2本のスピーカーでこれだけの音場感が出るならば、サラウンド音声の映画をダウンミックス再生しても大きな不満を感じることは少なく、「家庭用のオーディオはこれでいいんじゃないの」などと言ってしまいたくなるほどだ。もちろん、そんな音場感に優れたTD307MK3だからこそ、これを5本使ったサラウンド再生は次元の異なるリアルなサラウンド空間を体験できるので、TD307MK3が気になった人はぜひサラウンド再生も検討してほしい。

 イクリプスのHiFiスピーカーは決して日本を代表するような存在ではないが、個性豊かな海外のスピーカーと一緒に聴いたとき、その他大勢に埋もれてしまわないだけの実力の高さと音場感という他にはない個性がある。こんな優秀なスピーカーがペアで5万5000円ほどで買えるというのはとてもお得だ。手軽に使えるサイズで、価格も手頃だから、自分専用のオーディオとして手に入れてみようかなと思う人がたくさんいると嬉しい。軽い気持ちで手に入れてその音場感の素晴らしさにびっくりしてほしい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう