週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

実は玉子かけご飯にも使えちゃう 便利!

セブンの「キャベツの素」で時短ズボラ飯! パスタソースとしても使えちゃう

2021年05月04日 12時00分更新

文● 渡辺りえ(りえぞー)/編集●ASCII編集部

 みなさん、こんにちは! 渡辺りえ(りえぞー)です。食べることが大好きで、おいしいものを食べることを励みに日々のお仕事をがんばっています。

 今回はまず、告白をさせてください。私、とってもずぼらなんです! おいしいものは食べたいけど、毎日手の凝ったお料理なんてとても出来ません! というわけで今回は手抜きでもおいしい「ずぼら飯」をご紹介したいと思います。

セブンの「キャベツの素」を使って究極のずぼら飯

 今回の主役は、こちら!

セブン-イレブンで売っている「キャベツの素」 各税込116円

 セブン-イレブンなどで販売されている、セブンプレミアム「アンチョビキャベツの素」と、「うま塩キャベツの素」です。価格は各・税込116円(2021年4月27日現在)。 こちらの商品、見かけて気になってはいるけど、試したことはないという人もいらっしゃるんじゃないかと思っています。

2つに分けられます

 中にはそれぞれ、パキッと二つ折りにして片手で簡単に中身のソースが出せる容器「パキッテ」が二つ入っています。

 まずは、ソースのスタンダードな使い方をご紹介しますね。

カット野菜を用意

 同じくセブンイレブンで販売されている「千切りキャベツ(税込108円)」や「コールスロー(税込108円)」を用意します。

 これに・・・。

 そのままソースをかけて・・・。

 そのまま混ぜて・・・。

 そのまま食べる!

 洗い物も出ない、究極の楽ちんずぼら飯ですよ!

 「アンチョビキャベツの素」は、アンチョビとガーリックが効いた大人の味。ちょっとだけマヨネーズ風? と感じたのはどうやら卵黄みたい。

 「うま塩キャベツの素」は、ゴマ油とネギによる香ばしさが後引くおいしさです。

 野菜を手軽に摂取できるためダイエット食に最適ですし、よくあるサラダよりも味が濃いので、お酒のおつまみにもなります!

キャベツの素は実は万能!
アンチョビ味はパスタソースにもなります

 セブンプレミアムの「キャベツの素」はキャベツにかけて食べる以外にも、調味料として料理のアレンジにも使えます。味が決まるので時短、ズボラ飯に活用できますよ。ここからはアレンジした使い方を紹介!

 例えば、ざく切りキャベツとジャガイモをお皿に入れてレンジでチンして、温野菜にかけてもよし。トーストにかけてもよし。試したところ、特にアンチョビ味はトーストとも相性が良いんですよ。

 さらに、私がオススメするのは、ずぼらでも簡単に作れて、お腹もしっかり満たされる満腹メニュー!

100円ショップ「ダイソー」で販売されている、電子レンジでパスタが簡単に作れる容器

ソーセージとブロッコリーの下にパスタが沈んでいます

 100円ショップなどで売っている電子レンジでパスタが簡単に作れる容器に、パスタとお好みの野菜を一緒に入れて、容器の表示通りにレンジでチン!(火を通すのに時間がかからない具材は、時間差をつけてチンしてください)

お皿に盛り付けると彩りもキレイ。ズボラを追求するなら容器のまま食べるのもアリです!

 あとは取り出して「アンチョビキャベツの素」をかけるだけ! かんた~ん! ただし、この1食分のパスタだとソースが1個だけだと味付けが足らないので、最低1個半使ってください。

 追加でミニトマトとブラックペッパー、イタリアンパセリを散らして彩りよく仕上げました。見た目もよく、アンチョビの香りも本格的で、なおかつお腹もしっかり満たされます。なのに調理の方法はとっても簡単。キャベツの素サマサマです。

 簡単に味付けが決まるセブンプレミアム「アンチョビキャベツの素」と「うま塩キャベツの素」。常備しておけば、疲れ果てた日も簡単料理ができますよ! ぜひ活用してみてください!

 ちなみに私は「うま塩」のほうを玉子かけご飯にかけて食べるのも好きです。これもおいし~んです!

私は卵かけご飯に「うま塩キャベツの素」をかけて食べるのも好きです。

渡辺りえ(りえぞー)

食べることとアナログゲームが大好きな声優・MC。新しい味を求めてお料理に調味料をあれこれ足しちゃう”ちょい足しレディー”の顔も。YouTube番組「アスキーグルメNEWS」にレギュラー出演中☆
■出演:アニメ「グラゼニ」、ゲーム「一血卍傑-ONLINE-」イシコリドメ、「劇場版まどか★マギカ The Battle Pentagram」/「もけ部」いぶき など
Twitter:@w_riezou

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう