週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

GRヤリスの最上位「GRヤリス RZ High Performance」は一般道を走れるレースカーだ!

2021年02月20日 12時00分更新

インテリアはいたってシンプル
質実剛健、硬派とも言える車内

Aピラーも設けられたJBL製ツイーター

GRヤリス RZ High Performance用のプレミアムシート

 フロントシートは“プレミアム”仕様になるほか、アメリカの名門オーディオブランド「JBL」のスピーカーを標準装備。気になる価格差は、RZが396万円、RZ High Performanceは456万円ですので約60万円高。シャシーから別設計でカーボンルーフを標準装備しただけでなく、新開発のエンジンと四輪駆動システムを乗せて456万円だなんて、トヨタさん儲けがあるのですか? と心配になるほど。バーゲンプライスです!

GRヤリス RZ High Performanceのドアを開けたところ

GRヤリス RZ High Performanceのドライバーズシート

GRヤリス RZ High Performanceのドア内張り。一部にスエード調の素材が貼られていた

GRヤリス RZ High Performanceの運転席

GRヤリス RZ High Performanceのドリンクホルダーなど。アームレストはない

 プレミアム仕様とはいえ、室内は豪華ではなく質実剛健。ヤリスと見比べても、パッと見では区別がつかいないかも。アームレストが用意されていないのもヤリスと同様。だからといって収納が少なくて使い勝手が悪いという印象は受けませんでした。

GRヤリス RZ High Performanceのステアリングホイール

メーターは指針式で、中央にインフォメーションディスプレイを配置

エアコンは左右独立で設定可能

USB端子は1系統のみ

センターに配されたディスプレイオーディオ

シフトレバーは6速で、バックギアは1速の左隣にあり、ノブを引かないとポジションに入れることができない

4WDモードセレクトスイッチ。NOMAL、SPORT、TRACKの3段階設定

 メーターはスポーツカーにありがちなセンタータコタイプではなく、速度計と回転系が分かれた指針式。メーターそのものが大きく見やすくなっています。シフトレバー近傍には四輪駆動のモード切替スイッチが設けられており、NOMALでは前4:後6、SPORTでは前3:後7、TRACKでは前5:後5とトルク配分を変えることができます。ちなみに試乗はNOMALで行ないました。センターコンソールには大型のディスプレイオーディオが用意され、スマートフォンと車両をUSB接続すればナビ表示ができます。ちなみにUSB端子は1系統のみ用意されています。

ラゲッジスペース

 GRヤリスで感心するのは、ラゲッジの広さと使い勝手の良さ! リアシートを前に倒せばフルフラットになるではありませんか。よって4本分のタイヤが積み込みやすい上に、簡単なツールボックスも入りそう。「コレに乗ってサーキットで楽しんでくださいね」というトヨタからのメッセージを感じます。

GRヤリス RZ High Performanceのリアシート。ちなみに4人乗りだ

足元は狭いので、大柄の方が座った場合、長時間の移動は難しそう

 ちなみに後席はヤリスと同様、足元は結構狭め。さらに3ドアですので乗り込みづらいです。「もう少し足元に余裕があれば……」「もう少し乗りやすかったら……」と体の大きな男子は思うのですが、お年寄りは無理でも、小さい子供なら座れるでしょうし、そもそも日常性に文句をつけるのはお門違いというもの。だって「戦うクルマのホモロゲーションモデル」なのですから。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう