週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

中途半端じゃない! GRヤリス RSこそベストバイ・ヤリスだ

2021年02月28日 12時00分更新

トヨタ/GRヤリス RS(265万円)

 トヨタの本気を魅せてくれたスポーツカー「GRヤリス RZ High Performance」。その走りは過激であり最高でした(GRヤリスの最上位「GRヤリス RZ High Performance」は一般道を走れるレースカーだ!)。ですが「いざ毎日乗るとなると、ここまではちょっと……」と思ったのも正直なところ。「ヤリスじゃ物足りないけれど、GRヤリスまではヤリスギ」というぜいたくな悩みにトヨタは応えてくれました! GRヤリスのRSグレードです。

GRヤリスのターボルックといえる

サイドミラーから見えるオーバーフェンダーにニヤニヤ

 GRヤリス RSを一言で言うなら「ターボルック」。というのも、ボディーはGRヤリスそのものなのですが、ヤリスに搭載されているガソリンエンジンを乗せ、6速MTをCVTへと変更。ご自慢の四輪駆動システムは取り除かれて、お値段はRZグレードと比べて130万円ダウンの265万円。ちなみにノーマルのヤリスは139万5000円なので、ノーマルヤリスに130万円を出すとシャーシがアップグレードされてGRヤリス RSに、さらに130万円追加するとエンジンがアップグレードしGRヤリス RZ、という「ヤリス計算式」がありそう。

 ヤリスのカタログをみると、ありがちな「スポーツグレード」の設定がないのですが、「代わりに中身がヤリスでボディーやシャーシが違うGRヤリスをご用意しました」というわけです。スポーツグレードは大抵専用サスを装備したり、インテリアが違うのが一般的。ですがエンジンが一緒でシャーシが違うというのは、珍しいパターンです。運転中、サイドミラーを見ると、チラリと見えるオーバーフェンダーにニヤニヤ。これをターボルックと言わずして何と言いましょう。

GRヤリス RSのフロントマスク

GRヤリス RSのサイドビュー

GRヤリス RSのリアビュー。マフラーは左右2本出しだ

GRヤリスのルーフはカーボン製

 見た目はまんまGRヤリスですが、GRヤリス RZと外観上の違いはリアドアに「GR FOUR」のエンブレムがない、という程度。実にターボルックです。ちなみにカタログで見比べると、最低地上高はRSの方が10mm高く、150kg軽量。ちゃんと屋根もカーボン製。市販車でここまでやるか? それを200万円台で出すか? と驚きでしかありません。

GRヤリス RSのボンネットを開けたところ

RSグレードの1.5リッター直3エンジン(自然吸気)。上位のグレードにはターボ付きの1.6リッター直3エンジンが搭載される

 エンジンは1.5リットル直列3気筒ノンターボ。最大出力は120馬力と、GRヤリス RZから約150馬力ダウンで、130万円の価格差を考えると「1馬力1万円」というチューンドの法則が頭をよぎります。ちなみにトルクは14.8kgmで、発生回転数も4800~5200rpmとターボのRZと比べかなり高め。公称燃費はWLTCモードで18.2km/L。アイドリングストップ機構は用意されていないのに、この数字は立派です。ステアリングにはパドルが設けられており、CVTですが疑似シフトが可能。その段数はなんと10段! こんなに細かく刻まなくても……と思いますが、それは後ほど。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう