週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

モバイルノートPCの究極形、Intel Evoプラットフォーム対応注目モデルを紹介【後編】

2021年02月11日 11時00分更新

Intel Evoプラットフォーム対応ノートPCには必ずこのロゴが付いている。インテルのノートPC向け第11世代Coreプロセッサー搭載ノートPCの中でも、このロゴが付いているモデルは特に優秀な機種となる

 2021年のノートPCはCPUもGPUも新世代に更新され、買い換え時期をじっと待っていた人には絶好のチャンスとなる。特に、薄型軽量で拡張性も見込めるノートPCが欲しいなら、インテルのTiger LakeことノートPC向け第11世代Coreプロセッサーを搭載した「 Intel Evoプラットフォーム」ロゴが貼られたノートPCを検討してみてはどうだろうか。

 従来のインテル製CPUを採用する薄型軽量ノートPCに比べ、CPU性能はもちろん、グラフィック性能が高性能になったほか、Thunderbolt 4といった最新インターフェースによる拡張性や、最新無線LAN規格であるWi-Fi 6もサポートしている。

 本稿は、2回にわたって2021年注目のIntel Evoプラットフォームに準拠する薄型軽量ノートPC7製品を簡単に紹介する記事の後編となる。前編で紹介した4製品は20万円近辺のモデルが主だったが、今回は11万9900円~16万4800円前後の比較的安価なモデルを紹介しよう。

12万円以下で買える「HP Spectre x360 13-aw」

直販価格11万9900円(【快適パソコンライフ!】ベーシックモデルG3)からというお手頃価格が嬉しい、日本HPの「HP Spectre x360 13-aw」。360度回転するフルHD液晶を採用し、タッチ対応でスタイラス(MPPアクティブペン)も同梱する。ボディーカラーはアッシュブラックとポセイドンブルーの2色展開

HP Spectre x360 13-awの主なスペック
ディスプレー 13.3インチ液晶(1920×1080ドット、マルチタッチ対応)
CPU Core i5-1135G7(4コア/8スレッド、最大4.2GHz)
グラフィックス Intel Iris Xe Graphics(CPU内蔵)
メモリー LPDDR4X-3733 8GB(増設・交換不可)
ストレージ 256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
無線機能 Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)/ Bluetooth 5.0
インターフェース USB Type-C(Thunderbolt 4対応)×2、USB Type-A(USB 3.1 Gen 1)、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、microSDカードリーダー
ウェブカメラ 約92万画素(Windows Helloによる顔認証に対応)
バッテリー駆動時間 最大15時間(MobileMark 2018にて計測)
サイズ/重量 307(W)×194.5(D)×16~18.5(H)mm/約1.24kg
OS Windows 10 Home 64bit
Officeソフト なし

 「HP Spectre x360 13-aw」の「【快適パソコンライフ!】ベーシックモデルG3」は直販サイトで11万9900円というお手頃価格が魅力だ。そのぶん、CPUがCore i5の下位モデルだったり、メモリーが8GBだったりするが、Zoomでリモート会議したり、Office系アプリ(CTOメニューから+1万5400円で「Microsoft Office Home & Business 2019」が追加可能)の作業なら十分なスペックだ。

 重さ1.24kg、厚さ最大18.5mmのスリムボディーだが、バッテリー駆動時間は最大15時間(公称値)と長く、スタミナも申し分ない。また、液晶は360度回転するコンバーチブルタイプで、付属のスタイラスでペン入力可能。仕事の資料にメモを入れるも良し、プライベートでイラストを描くも良しといった仕様が嬉しい。Windows Helloによる生体認証は、ウェブカメラと指紋認証の両対応なところも気が利いている。

日本HPらしい、シックで渋いデザインが秀逸。天板は500kgfの加圧試験もパスするほどタフに作られている

本機のインターフェースは薄型軽量化のためにかなり厳選されている。USB 3.1 Gen 1のUSB Type-Aポートは半展開式なのが面白い。なお、写真左端は斜めにカットされており、そこに電源ボタンを備えるのがユニークだ

Thunderbolt 4にmicroSDカードリーダーを配置した右側面。その間にあるスイッチは、ウェブカメラへの回路を物理的にカットするためのプライバシースイッチとなる。ビジネスユーザーの多い日本HPならではの工夫だ

今回撮影のためにお借りした個体はANSI(US)配列だったが、実際の製品は一般的なJIS配列となる。フットプリントを小さくするためか、パームレストやパッドは前後に狭いタイプ。カーソルキーの下に指紋認証リーダーを備える

右側面のThunderbolt 4ポートのうち1基は右側面端の斜めにカットされた部分に備え、ACアダプター接続時に余計な張り出しを防ぐ工夫がなされている。ACアダプターのケーブルはスリーブが付いており、お手頃価格ではあるもののそこはかとなく高級感がある

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう