週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最速Big Navi「Radeon RX 6900 XT」の未知の速さを検証する

2020年12月08日 23時00分更新

GeForce系の鬼門「Assassin's Creed Valhara」

 次なる「Assassin's Creed Valhara」では、画質は“最高”とし、ゲーム内ベンチマーク機能を利用して計測した。

「Assassin's Creed Valhara」1920×1080ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」2560×1440ドット時のフレームレート

「Assassin's Creed Valhara」3840×2160ドット時のフレームレート

 これはSAM有効時の効果が劇的にかじられたタイトルでもあるが、同時に現行GeForceでは全くパワーを発揮できない(GPUのパワーリミットの限界まで使ってくれない)ベンチでもある。結果としてRX 6800 XTですらRTX 3090 FEを軽々と上回れてしまう状況が生まれた。

 また、RX 6900 XTにおいても、SAMの効果が劇的であることもグラフから容易に読み取れる。フルHD時でSAM無効時に比べ約17%向上しているので、下手に高価なファクトリーOCモデルを買うよりも、SAMが使えるマザーボードに乗り換えた方がメリットがあるケースも考えられる。

VRAM8GBの強みが出た「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」

 ラスタライゼーションベースのゲームのトリを飾るのは「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」だ。APIはDirectX 12、画質は“最高”をベースにHigh Resolution Texture Packを追加した。集会エリアにおける一定コースを移動した時のフレームレートを「CapFrameX」で測定している。また、RTX系GPUはWQHD以上の解像度においてDLSSも利用した時の結果も併記する。

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」DirectX 12、1920×1080ドット時のフレームレート。この解像度はDLSS非対応

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」DirectX 12、2560×1440ドット時のフレームレート

「MONSTER HUNTER WORLD: ICEBORNE」DirectX 12、3840×2160ドット時のフレームレート

 これまで試してきたゲームはどれも解像度の低い状況ではRX 6900 XTが有利、4KでRTX 3090 FE有利なものが多かった。だがこのタイトルでは終始RTX 3090 FEがフレームレートにおいてRX 6900 XTを圧倒。DLSSを追加することでRX 6900 XTとの差を決定的なものにしている。拡張パック「ICEBORNE」実装時にAMDのFidelityFXが追加されたので相応にRadeonへの最適化が組み込まれたのかと思っていたが、実際は想像以上にGeForce系有利なタイトルだったようだ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう