週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Sペンがさらに進化で1億画素カメラ、ミリ波にも対応する最強モデル「Galaxy Note20 Ultra 5G」

2020年11月05日 11時00分更新

 海外では9月に発表されたサムスン電子「Galaxy Note20」シリーズの最上位モデル「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」が、ドコモからも11月6日に発売される。ドコモオンラインショップでの価格は14万5728円。スマホおかえしプログラム適用時の負担額は9万7152円となっている。

Sペンだけじゃない、最強スペックの1台
現行最速CPUに大画面有機EL、そして1億画素カメラ

 先行して発売しているau版と同じく、今年のGalaxy Note20シリーズは最上位モデルのみが登場。価格も高価ではあるが、そのぶん性能面は文句なしで、ディスプレーは6.9型(1440×3088ドット)有機ELで画面専有率は90%以上。さらにリフレッシュレートは120Hzで、タッチレートは240Hzとなる。SoCは現行最上位のSnapdragon 865 Plus、メモリー12GB、内蔵ストレージ256GBとまさにハイエンド。ネットワーク面では冬モデルでは唯一のミリ波の5Gにも対応している。

 カメラももちろん最強クラスで、約1億800万画素のセンサーをメインに、約1200万画素(超広角)、ペリスコープ型の約1200万画素(光学5倍、デジタル50倍望遠)の組み合わせで、レーザーAFセンサーも装備する。

 そしてGalaxy Noteシリーズならではの要素であるSペンは、レイテンシ(遅延)を前年モデルの42msから9mnへと大幅に削減。さらに書き心地をさらに本物のペンに近づけている。日本で人気のイラスト制作アプリ「CLIP STUDIO PAINT」のAndroid版がGalaxy限定で初登場し、本機でも利用可能。Sペンの筆圧感知と組み合わせて、本格的なイラストや漫画を描くのにも使えそうだ。

 カラバリはミスティックブロンズ、ミスティックブラックの2色が用意される。

ドコモ「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」の主なスペック
メーカー サムスン電子
ディスプレー 6.9型有機EL(19.3:9)
画面解像度 1440×3080
サイズ 約77×165×8.1mm
重量 約208g
CPU Snapdragon 865 Plus
3GHz+1.8GHz
(オクタコア)
内蔵メモリー 12GB
内蔵ストレージ 256GB
外部ストレージ microSDXC(最大1TB)
OS Android 10
5G最大通信速度 下り4.2Gbps/上り480Mbps
5G対応周波数 サブ6、ミリ波
無線LAN Wi-Fi 6
カメラ アウト:約1億800万画素(標準、F値1.8)
+約1200万画素(超広角、F値2.2)
+約1200万画素(光学5倍、F値3.0)
/イン:約1000万画素
バッテリー容量 4500mAh
電池持ち時間 5G:約105時間/4G:約105時間
FeliCa/NFC ○/○
ワンセグ/フルセグ ×/×
防水/防塵 ○/○(IPX5,8/IP6X)
生体認証 ○(指紋、顔)
イヤホン端子 ×
USB端子 Type-C
Qi
カラバリ ミスティックブロンズ、ミスティックブラック
発売時期 11月6日

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう