週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スマホ用ゲームコントローラー「Razer Kishi」も

Razerが新NUC採用ゲームPC「Razer Tomahawk」CES 2020で展示

2020年01月12日 10時10分更新

Razerが新NUC採用の小型ゲーミングデスクトップ

 米国ラスベガスで、現地時間の1月5日から10日まで、世界最大のエレクトロニクスショー「CES 2020」が開催された。

 Razerは、開催に合わせて発表した製品を初お披露目。

Razer Tomahawk Gaming Desktop

 「Razer Tomahawk」は、インテルによる、ビデオカードが搭載可能な新規格のNUC「Ghost Canyon」をベースとしたゲーミングPC。

 強化ガラスを筐体に使用し、内部が透けて見える。上部に通気口を設け、ビデオカードが垂直に取り付けられている。工具を使わずに、筐体の内側をスライドして取り出せる機構を採用する。

冷却ファン付きの第9世代のインテルCore i9プロセッサー、GeForce RTX 2080などを搭載

 インターフェースは、Thunderbolt 3×2、Gigabit Ethernet対応の有線LAN端子、HDMI 2.0、USB 3.2 Gen 2×6などを搭載。M.2規格のSSDスロットを2基搭載し、Wi-Fi 6規格での通信に対応。

 主な仕様は第9世代のインテルCore i9プロセッサー 、GeForce RTX 2080、64GBメモリー(DDR4)など。2020年の前半に発売予定。

スマホと合体するコントローラー「Razer Kishi」

Razer Kishi

 合わせて、スマホ向けのゲームコントローラー「Razer Kishi」を発表し、こちらも展示した。

 スマホと有線で接続し、左右から挟み込むように固定して使う。写真ではわかりにくいが、左と右のコントローラーのあいだは、細長いパーツでつながっており、6.6型程度までの、好きなスマートフォンを装着して使える。Androidモデル、iOSモデルの2モデルが用意され、AndroidモデルはUSB Type-C、iOSモデルはLightningでスマホと接続する。価格は99.99ドルを見込む。

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう